【2022年4月〜】白ナンバーもアルコールチェックが義務化!記録簿はシステムで管理しよう!

おすすめ

飲酒運転における死亡事故は、飲酒なしの運転に比べると約9倍以上に増えると警視庁が発表しています。

そこで国土交通省が発表した事業用自動車安全プラン2025では、事故削減目標として飲酒運転ゼロが掲げられています。

このプランの中には飲酒運転を根絶するための法律が改正され、従来では緑ナンバーのみのアルコールチェックでしたが、2022年4月1日からは白ナンバーにもアルコールチェックが義務化されました。

これを受けて白ナンバーの事業者様は対策をしなければなりませんが、具体的にどのようなことを行えばいいのでしょうか。

今回は具体的な対策方法や、管理のしやすいアルコールチェック記録簿のシステムの紹介をします。

特に白ナンバー事業者様にとっておすすめの内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

2022年4月から白ナンバーもアルコールチェック義務化の対象に!?

白ナンバーのアルコールチェック義務化は、2022年4月1日から開始されました。

4月からは目視による酒気帯び有無の確認と、1年間の記録保管が必要です。

その中でも記録保管においては、記録簿の準備をしなければなりません。

多くの方は「ひとまず紙タイプに記録して保管しよう」と思われるかもしれませんが、1年間の記録保管を紙で行うのはとても大変な作業となります。

そこでおすすめなのが、アルコールチェックの管理がデータ上で行える「AI-Contact」です。

一つのシステムで一括管理ができるため、作業効率が悪くなることもありません。

また、AI-Contactは価格もリーズナブルなので中小企業でも導入しやすいです。

AI-Contactに興味がある方は、下記のページからお気軽にご相談ください。

 

法人携帯スマホコムへお問い合わせはこちら

 

アルコールチェック義務化の内容について

2022年4月から白ナンバーもアルコールチェックの義務化となりますが、具体的な内容について理解されていない方もいるのではないでしょうか。

ここからは具体的に概要から確認方法、違反した場合の罰則など詳しく解説していきます。

道路交通法改正の概要

2022年4月からは、対象が一般車両と呼ばれる「白ナンバー」がアルコールチェックの義務化になりました。

具体的には乗車定員が11人以上の白ナンバーを1台以上所有、または5台以上の白ナンバーを所有する事業者がアルコールチェックの義務化となります。

以前まではというと、バスやタクシーなど主に「緑ナンバー」と呼ばれる車両を持つ事業者が対象でした。

このことから見ても義務化の範囲は大きく拡大し、多くの企業が対象になったことを表しています。

義務化になる項目は?

アルコールチェックが義務化になることで、安全運転管理者が実施しなければならない項目が2つあります。

  1. 業務開始の前後、ドライバーに対して酒気帯びの有無を確認
  2. 確認内容はしっかりと記録し、1年間は保管すること

以上の2つの項目を必ず実施しなければなりません。

万が一、実施できていない場合は罰則の対象にもなるので注意しましょう。

酒気帯び有無の確認方法は?

義務化として決められている「業務開始前後のドライバーに対して酒気帯びの有無を確認する」についてですが、具体的にはどのような方法で確認を行えばいいのでしょうか。

この部分に関しては少しややこしいですが、2022年4月〜は目視の検査でも問題ありません。

しかし、目視は2022年9月までとなっており、2022年10月からはアルコール検知器を使ったチェックが必要です。

アルコール検知器によるチェック義務付けは、供給状況等を踏まえて当面延期となりました。

将来的にはアルコール検知器が必要になるため、今のうちから準備していても問題ありません。

記録する項目は?

アルコールチェックの記録項目としては、酒気帯びの有無だけではなく、いくつかの項目があります。

具体的には下記の項目を記録し、保管する必要があるので確認してみてください。

  1. 確認者名
  2. 運転者名
  3. 運転者の業務に係る自動車の自動車登録番号または識別できる記号や番号等
  4. 確認の日時
  5. 確認方法(アルコールチェックの使用有無など)
  6. 酒気帯びの有無
  7. 指示事項
  8. その他必要な事項

違反した場合の罰則は?

白ナンバーのアルコールチェックの義務化は、もちろん法律で決められた内容となるため、守らなかった場合には罰則が課せられてしまうのです。

具体的な罰則としては、「法律で規定された台数の白ナンバーを所有しているにも関わらず、安全運転管理者を専任しなかった」場合は5万円以下の罰金が課せられます。

また、「安全運転管理者の専任・解任の届出が15日以内にしなかった」場合は2万円以下の罰金です。

これらの罰則などがあげられますが、アルコールチェックの義務化で決められた項目を守らなかった場合になります。

酒気帯び運転の罰則はさらに重い罪となるため、そもそも飲酒運転はしないように注意することが大切です。

白ナンバーのアルコールチェック義務化にあたって準備しておきたいこと

企業がこれからアルコールチェックを始めるにあたって、どのような準備を進めるといいのでしょうか。

既に2022年4月からは義務化が始まっているので、安全運転管理者の選定などは完了しているかと思います。

そのため、ここでは効率よく作業を進めるために必要なシステムや、準備したい2つの項目について紹介します。

アルコールチェックの記録簿を用意しよう!

記録した書類は、1年間の保管義務があります。

そのため、事前に記録簿の準備を進めておくことが大切です。

記録簿を管理する方法はいくつかありますが、できれば紙タイプではなく、データ上で管理できるものが好ましいでしょう。

2022年10月(当面延期)に向けてアルコール検知器を用意しよう!

2022年10月からは、白ナンバー車に対してもアルコール検知器を使用した酒気帯びの有無を確認しなければなりません。

それまでは目視だけでも問題ありませんが、10月からはその方法が使用できなくなります。

アルコール検知器といっても種類が幅広く揃えられていますが、濃度を詳細に検知できるものや、モニター付きで確認がしやすいものを選びましょう。

アルコールチェックの記録簿はなぜ紙ではなくデータ管理がおすすめなのか?

アルコールチェックの義務化にあたって、対象となった事業者は運用体制を構築しなければなりません。

この部分を適当に進めてしまうと、後々「管理がしづらい」といった悩みや「作業効率が悪くなった」となるケースもあるのです。

運用体制については、最もストレスフリーで行える方法の一つとして記録簿のデータ管理があげられます。

紙タイプの保存でも問題はありませんが、書類は増えれば増えるほど管理が大変になり、スペースの確保も大変です。

そのため、できればデータ上で管理できる体制を整えておくことが、通常業務にも影響しづらいと言われています。

また、機能面も充実しているケースが多く、例えば運行管理に必要なすべての機能が含まれたシステムもあります。

これらのことから、紙タイプと比べても多くのメリットが得られるので、できればデータ上での管理がおすすめです。

アルコールチェックの管理にスマートフォンを活用するメリット

アルコールチェックの管理にはシステムの導入がおすすめですが、記録を取ることや、従業員からの報告を受ける業務の効率化にはスマートフォンの活用がおすすめです。

具体的にスマートフォンを活用することのメリットについて紹介するので参考にしてみてください。

スマートフォンなら誰でも操作が可能!

PCでの操作となると、中には使用したことがない方もいるため、誰しもが操作できるとは限りません。

しかし、スマートフォンならほとんどの方が所有しており、普段から使い慣れていることもあって操作で悩むことはないでしょう。

新たにシステムを導入したとしても、スマートフォンでの操作なら不便に思うこともなく社内でも定着しやすいのでおすすめです。

報告業務が楽になり直行直帰を実現できる

PCでの入力操作が必ず必要になると、業務が終わっても会社に戻って事務作業を行わなければなりません。

会社に立ち寄る距離が遠ければ遠いほど従業員の負担になるため、PCだけの操作はあまりおすすめできません。

しかし、スマートフォンから共有することができれば、取引先などから報告事項を入力して送信できます。

わざわざ会社に立ち寄る必要もなくなるため、直行直帰を実現できるなど柔軟に対応することが可能になるのです。

運行管理もしやすくなる!

それぞれのシステムによって備わっている機能は異なりますが、中には記録簿管理以外の機能が備わっているものもあります。

例えば、社員の運行ルートの管理や運転日報、社員がどこを走行しているのかがわかる動態管理、酒気帯び確認を含む子機記録がシステム上で保存できるアルコールチェックなど、幅広く対応しているのです。

一つのシステムで運行管理が一括で行えるのは大きなメリットとなるため、できる限りシステムの導入を検討したほうがいいでしょう。

アルコールチェックの記録簿管理なら【AI-Contact】がおすすめ!

アルコールチェックの記録簿管理としておすすめなのが「AI-Contact」でしょう。

理由としては記録したデータを管理できるのはもちろんのこと、スマートフォンも同時に契約ができ、PCとスマートフォンでの運用管理ができるようになるからです。

システムとは別に新たに法人スマホを別のところで契約する必要もなく、一括で導入できるので大きなメリットと言えるでしょう。

また、サポート体制も充実しており、利用開始後も手厚いサポートを受けられます。

販売台数も30万台を突破している注目のサービスなので、運行管理システムを一括導入したいならぜひ一度相談してみてください。

 

法人携帯スマホコムへお問い合わせはこちら

 

まとめ

今回は白ナンバーのアルコールチェック義務化に伴い、その概要や記録簿管理の大切さについて紹介しました。

特に効率的な管理というものが重要になってきますので、できる限りデータとして管理できるシステムの導入がおすすめです。

その中でも面倒な手続きが一切なく、一括で運行管理システムからスマートフォンの契約までできるのが「AI-Contact」になります。

リーズナブルな価格でどの業界にもおすすめのサービスとなっているので、ぜひ一度ご検討ください。

コメント