アルコールチェッカー比較5選!チェックするべきポイントもご紹介!

アルコールチェッカー

2022年4月から道路交通法の改正により、安全運転管理者は目視等で、運転の前後に酒気帯びの有無を確認することが義務付けられました。さらに2022年10月からはアルコールチェッカーにより、酒気帯びの有無の確認が必要になります。

まだアルコールチェッカーを導入していない事業者は、対策に追われているのではないでしょうか。

そこでこの記事では、アルコールチェッカーを5つ厳選して各性能を比較しました。アルコールチェッカーの種類や、比較する際のポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

アルコールチェッカーの種類

アルコールチェッカーは体内のアルコール濃度を測定する装置です。そのようなアルコールチェッカーですが、センサーの種類とタイプが異なります。

「半導体式ガスセンサー」と「燃料電池式センサー」

アルコールチェッカーにはアルコールを検知するセンサーがついています。このセンサーには「半導体式ガスセンサー」「燃料電池式センサー」の2種類あり、測定方法が異なります。

 

半導体式ガスセンサー

燃料電池式センサー

検知原理

センサーに呼気が付着した酸素量によって変動する、電気の抵抗値を測定する。

電気抵抗値が高いほど、呼気に含まれるアルコール濃度が低い。

呼気に含まれるアルコールガスを利用し、発生した電流値の強さからアルコール濃度を測定する。電流値が弱いほど、呼気中のアルコール濃度が低い。

メリット

  • 販売価格が比較的安価
  • 測定時間が短い
  • 小型で持ち運びしやすい
  • 精度の高いアルコール濃度の測定ができる
  • アルコール以外のガスに反応しにくい
  • 耐久性が高い

デメリット

  • 検知機能の劣化が早い
  • アルコール以外のガスに反応することがある
  • 製造コストの高さから、販売価格が高い
  • 測定時間が長い
  • 定期的にメンテナンスが必要

「卓上型」と「携帯型」

アルコールセンサーには型にも違いがあります。大きく分けると「卓上型」「携帯型」の2種類に分類されます。

 

卓上型

携帯型

大きさ

大きい(持ち運びは基本的にできない)

小さい(持ち運びしやすく場所を選ばない)

メリット

  • 事務所などの固定した場所でアルコール濃度測定を行うため、ごまかしがきかない
  • 測定データの記録ができるタイプが多い
  • 携帯型と比べると高価
  • 測定場所が限られる

デメリット

  • 持ち運びしやすく、測定場所に困らない
  • 卓上型と兼用して使える機器もある
  • 測定回数が決まっているタイプがほとんど
  • 定期的に買い替えると、想定外にコストがかかる

アルコールチェッカー比較5選

特におすすめしたいアルコールチェッカーを5つ紹介します。それぞれの特徴を比較したので、アルコールチェッカーを購入する際の参考にしてください。

アルコールチェッカーEA-100-WH

「タニタ アルコールチェッカーEA-100-WH」はポケットに収まるコンパクトなサイズのアルコールチェッカーです。持ち運びしやすく、外出先や直行直帰などの場面でもアルコールチェックをしたい方に重宝されます。

呼気中のアルコール濃度は0.00~0.50mg/Lの範囲を測定できます。重さは31gととても軽く、携帯のしやすさが特徴です。

値段も5,000円程度と安価で、従業員の多い事業所でも導入しやすいのもメリットです。ただし測定機能がついていないので、アルコール濃度の記録は別途データや紙で保存するなどを考える必要があります。

機器名称

タニタ アルコールチェッカーEA-100-WH

タイプ

携帯型

センサーの種類

半導体式ガスセンサー

検査回数

1,000回

大きさ/重さ

32×105×17mm/31g

利便性の高い機能

出典:アルコールチェッカー EA-100(ホワイト): 一般用|タニタ

あさレポ

「あさレポ」はスマートフォンと連動させて使用するアルコールチェッカーです。

専用アプリのログインにはAI顔認証を採用しており、なりすまし防止に役立ちます。またアルコールチェックのみならず、検温もできるため、新型コロナウイルス対策にも有効です。

測定時には顔写真の撮影とともに、位置情報も取得され、不正利用もできません。

今なら20日間、無料トライアルを実施中です。検知器の即納品も可能なので、2022年10月の道路交通法の改正にも十分間に合うでしょう。

機器名称

あさレポ

タイプ

携帯型

センサーの種類

半導体式ガスセンサー

検査回数

1,000回

大きさ/重さ

約134x48x2mm/41g

利便性の高い機能

  • ログイン時にAI顔認証機能を採用しており、なりすましの予防
  • アルコールチェックの際、異常値を検知すると管理者にメールが届く

呼気アルコール検知器ST-3000

「呼気アルコール検知器ST-3000」は、卓上型で事務所などに置いて使うアルコールチェッカーです。

呼気を計測する際は、マウスピースを使い息を吹きかけます。測定が完了すると測定日時や勤務時間、測定結果などが記録紙に印字されるので、データ保管も簡単です。

また、燃料電池式センサーを採用しており、アルコール以外のガスには反応しにくくなっています。そのため、より正確な測定値を検知できます。

検査回数は70,000回と、その他のアルコールチェッカーと比較しても段違いに多いのも特徴です。ただし、測定回数が70,000回を超過するか、1年が経過するかのどちらかの条件に該当した場合は、センサーモジュールを交換する必要があります。

機器名称サンコーテクノ 呼気アルコール検知器ST-3000
タイプ卓上型
センサーの種類燃料電池式センサー
検査回数70,000回
大きさ/重さ175×298×248mm/約1.8kg
利便性の高い機能アルコールチェック時の検査結果の印字
出典:ST-3000 | アルコールチェッカー・アルコール検知器|サンコーテクノ株式会社

アルキラーPlus

「アルキラーPlus」はスマートフォンに連動させて使用するアルコールチェッカーです。

スマートフォンと機器をケーブルでつないでアプリを起動し、検知器に息を吹きかけるだけで簡単にアルコールチェックができます。

アルコールチェック時には測定者の顔や位置情報を取得してくれるので、虚偽報告の防止にも役立ちます。

アルコールチェック後はクラウドに記録されるので、データ管理も手間がかかりません。今なら7日間の無料トライアル期間中です。 アルコールチェッカーの導入を検討したいと考えている事業者も、気軽にお試しができます。

機器名称

アルキラーPlus

タイプ

携帯型

センサーの種類

半導体式ガスセンサー

検査回数

2,000回

大きさ/重さ

120×60×25mm/110g(乾電池込み)

利便性の高い機能

  • 測定者の顔や位置情報を取得し、虚偽報告の防止機能を搭載
  • アルコールチェック後はクラウドに記録される

ホワイト安全キーパー

「ホワイト安全キーパー」は既存のアルコールチェッカーを使って、記録データをクラウド上に保存するサービスです。これまで紹介してきたアルコールチェッカーとは、少しおもむきが異なります。

これまでアルコールチェッカーを導入していたけれど、記録データの管理に苦労していたり、外出先でアルコールチェックができなかったりする事業者も多いのではないでしょうか。こちらのサービスを使えばスマートフォン経由で記録データをクラウド上に保存できるため、使う場所を問いません。

ただし、すべてのアルコールチェッカーで利用できるわけではないため、事前に対応している機器かどうかの確認をしておきましょう。

機器名称

ホワイト安全キーパー

タイプ

携帯型

センサーの種類

検査回数

大きさ/重さ

利便性の高い機能

  • クラウド上で管理簿が1年間保存可能
  • 免許証の有効期限切れの確認

アルコールチェッカーを比較する際のポイント

最後にアルコールチェッカーを比較する際、何をチェックすればよいのかを解説します。

アルコールチェッカーのタイプ

アルコールチェッカーにはコンパクトな「携帯型」と、事務所などに置いて使う「卓上型」の2種類があります。

どのような場面で使うのかを想定しておくと、どちらのタイプがよいのかがわかります。

センサーの種類

アルコールチェッカーのセンサーには「半導体式ガスセンサー」「燃料電池式センサー」の2種類があります。

「半導体式ガスセンサー」販売価格が比較的安価なので、購入しやすい点がメリットです。しかし、アルコール以外のガスに反応してしまうことがあり、精度は「燃料電池式センサー」と比べると劣ります。

「燃料電池式センサー」はアルコールガス以外の成分には反応しにくく、より正確なアルコール濃度が測定できます。ただし、コスト面は高くついてしまいがちです。

価格を優先するのか、それとも精度を追求するのか、などに焦点を当てて比較してください。

検査回数

アルコールチェッカーには検査回数が決まっています。指定回数を超えてしまうと使えなくなってしまうので、事前に確認しておくと安心です。

アルコールチェッカーを多く利用する事業者は、検査回数が多いものがおすすめです。ただし、価格は高くなる傾向があるので、その点は考慮しましょう。

かばんに入れるのか、ポケットに忍ばせるのか、などを考えた上で比較してください。

大きさや重さ

「携帯型」のように外出先でアルコールチェックをする際は、大きすぎたり、重すぎたりすると持ち運びに不便です。

かばんに入れるのか、ポケットに忍ばせるのか、などを考えた上で比較してください。

利便性の高い機能の有無

アルコールチェッカーは機器によって、搭載されている機能が異なります。安価なアルコールチェッカーは購入価格を抑えられるものの、記録する機能がついていない機器もあります。

スマートフォンに連動させて使いたいのか、データ管理はどうしたいのか、などを見ておくとよいでしょう。

まとめ

道路交通法の改正により、アルコールチェッカーの導入は必須になります。しかし、アルコールチェッカーにはさまざまな種類があり、どのような種類や性能があるのかわからない事業者もいるのではないでしょうか。

アルコールチェッカーにはタイプやセンサーの種類、検査回数など、機器によってさまざまな違いがあります。アルコールチェッカーや比較するべきポイントも紹介したので、アルコールチェッカーを購入する際の参考にしてください。

外出先でアルコールチェッカーを使用する方は、スマートフォン連動型がおすすめです。「あさレポ」はコンパクトなサイズで持ち運びしやすく、手軽にアルコールチェックができます。

今なら20日間のトライアルも利用できるので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

 また当サイトでは、企業様向けに法人携帯をお取り扱いしております。端末料金0円のキャンペーンも実施しておりますので、気になる方はお問い合わせください。

コメント