直行直帰の際のアルコールチェック方法!注意点や罰則についても解説

アルコールチェッカー

2022年4月1日以降、道路交通法施行規則改定により、白ナンバーの車両を所有する事業者にも運転者のアルコールチェックが義務化されました。怠ると業務違反となりますが、直行直帰がある企業も多く、対応に困っている事業者が散見されます。

本記事では、直行直帰の場合のアルコールチェック方法や直行直帰の場合の注意点、違反による罰則や記録の方法などをまとめました。

直行直帰の場合は、スマホと連動できるアルコールチェッカーが便利です。直行直帰に便利な製品も紹介するので、これから導入する事業者は参考にしてください。

直行直帰の場合のアルコールチェック方法

アルコールチェックは乗車と降車のたびに行うのではなく、運転の前後、つまり業務開始時と終業時に行います。また、原則、対面での酒気帯びを確認しなければいけません。

しかし、直行直帰の場合、始業・就業時の安全運転管理者による対面での確認は困難です。

本項では、直行直帰の勤務者がいる場合に「勤務者が行うこと」「安全運転管理者が行うこと」の2項目に分けて、アルコールチェックの方法を詳しく解説します。

勤務者が行うこと

直行直帰の場合は、携帯型アルコールチェッカーで運転者自身で検査し、スマートフォンのビデオ通話やカメラ機能により安全運転管理者との確認を行いましょう。

運転者の酒気帯び確認は対面が原則ですが、対面が困難な場合は、以下のように対面に近い状態での確認が必要です。

  • カメラやモニターなどを用いて、安全運転管理者に顔色や声の調子、アルコールチェッカーの測定結果を確認してもらう
  • 携帯電話や無線など、直接対話できる方法によって安全運転管理者に声の調子を確認してもらい、測定結果を報告する

また、所属以外の事業所で始業・退勤する際には、当日始業・退勤する事業所の安全管理者が立ち会いし、所属先に電話で測定結果を報告します。

なお、事業所の保有する車両が5台以下の場合は、安全運転管理者の選任が不要です。安全運転管理者が選任されていない事業所だった場合は、直行直帰と同じ方法でアルコールチェックを行います。

安全運転管理者が行うこと

安全運転管理者は前項のような確認に加え、記録の管理が必要です。

確認項目は以下の8項目です。

  1. 確認者名
  2. 運転者
  3. 車両ナンバー
  4. 確認の日時
  5. 確認の方法(アルコール検知器の使用の有無、対面でない場合は具体的な方法)
  6. 酒気帯びの有無
  7. 指示事項
  8. その他必要な事項

上記の記録を、1年間保管しなければいけません。

フォーマットについては手書き・電子データのどちらも認められています。

また、安全運転管理者が欠勤の場合は、副安全管理者か安全運転管理者の業務を補助する者による確認も認められています。

副安全運転管理者は、20台以上の自動車を使用する事業所において、選任が必要です。20台を超える場合は、副安全運転管理者を20台ごとに1人選任しなければいけません。

なお「安全運転管理者の業務を補助する者」に関しては、特に定めがありません。

安全管理者や副安全運転管理者の全員が、どうしても確認できないような事態も考えられます。業務を補助する者もアルコールチェックができるよう、日頃から教育しておくと良いでしょう。

直行直帰でのアルコールチェックの注意点

直行直帰の場合の、アルコールチェックの注意点を解説します。

主な注意点は以下の2つです。

  • 直行直帰でもアルコールチェックを怠ると罰則がある
  • 非対面でのアルコールチェックの場合は具体的な方法を記録に残す

順番に解説します。

直行直帰でもアルコールチェックを怠ると業務違反となる

アルコールチェックは義務なので、直行直帰とはいえ確認を怠ると、安全運転管理者の業務違反となります。

確認不備による直接的な罰則は現状ありませんが、公安委員会によって安全運転管理者の解任や、命令違反に対する罰則が科せられる恐れもあり、注意が必要です。

とはいえ、勤務者の出退勤が早朝や深夜になり、管理者による確認が困難となることも考えられます。そういった場合にも、管理者の確認は原則必須です。せめて、安全運転管理者の配置や記録管理の業務効率化など、負荷を減らすためには企業としての配慮が必要でしょう。

また、アルコールチェックの怠慢により勤務者が飲酒運転をした場合には、道路交通法の「酒気帯び運転等の違反行為」として運転者だけでなく、代表者・運転管理責任者にも3年以下の懲役、または50万円以下の罰金が発生する可能性もあります。

加えて、違反に使用された自動車は6か月以内の範囲で、使用禁止となることもあり得るでしょう。

さらには、運転者が酒気帯びの状態であると知りながら社用車の運転を指示した場合には、使用者・管理者の管理不足となり、刑事責任に問われる可能性もあります。

非対面でのアルコールチェックの場合は具体的な方法を記録に残す

非対面でのアルコールチェックの場合、記録時に「確認の方法」の項目において、具体的な確認方法を記す必要があります。

電話による確認なのか、ビデオ通話による確認なのか、また、非対面での確認となった理由も付け加えましょう。

直行直帰ならスマホと連動できるアルコールチェッカーが便利

直行直帰の場合、勤務者がアルコールチェッカーを携帯して、自身により測定する必要があります。

アルコールチェッカーに関しては、国家公安委員会が定めるもので、呼気アルコールの有無や濃度を、警告音・警告灯・数値により示す機能があれば良いとされています。

アルコールチェッカーは今回の義務化により、品薄となることが予想されるでしょう。特に直行直帰が多い事業所は個数が多く必要なので、早めの確保を心がけましょう。

また、直行直帰ならスマホと連動できるアルコールチェッカーが便利です。

外出先でも測定しやすいだけでなく、測定結果がデータで保管されるため、管理者はどこからでも結果をデータで確認できます。また、紙媒体による記録や保管が不要になります。

以下にスマホ連動型のおすすめアルコールチェッカーを3製品紹介するので、ぜひ参考にしてください。

あさレポ

あさレポはスマートフォンと連携し、酒気帯びと検温の確認ができるアルコールチェッカーです。

主な機能は以下のとおりです。

  • AI顔認証によるなりすまし防止
  • GPSによる位置情報の取得
  • 専用クラウドに即時送信・一括管理ができる
  • iPad1台で拠点全員の管理が可能
  • Bluetooth対応でケーブルなしでスマートフォンと連携できる

また過去には、アルコール検知器を介して、新型コロナウイルスのクラスターが発生した事業所もありました。あさレポは息を吹き込む方式でアルコールチェックでき、感染症予防対策にもつながります。

異常値を検出した場合には、管理者に即座にメールで通知されることから、代わりの運転者の手配もスムーズです。

あさレポは初期登録費用が無料で、業界最安値クラスの価格で利用できます。アルコールチェック義務化に備えて、今なら20日間無料トライアルも実施中です。これからアルコールチェッカーを導入するなら、ぜひお試しください。

アルキラーPlus

アルキラーPlusも、スマートフォンと連携できるアルコールチェッカーとしておすすめの商品です。

  • クラウド管理のしやすさ
  • コストパフォーマンスの高さ
  • メンテナンスサポートの充実

に定評があります。

特にサポートに関しては、以下の費用が0円です。

  • メンテナンス時の検知器の交換費用
  • 検知器センサーの洗浄費用
  • 保証内での検知器の修理費用

アルキラーPlusは、7日間の無料トライアルがあります。気になる方はぜひ。

ホワイト安全キーパー

ホワイト安全キーパーは、白ナンバー事業者向けのスマホ対応飲酒検査クラウド管理システムです。

  • 管理画面がシンプルで使いやすい
  • 免許証の有効期限切れも確認できる
  • 確認項目がカスタマイズでき、効率的に管理できる

ホワイト安全キーパーは14日間のトライアルがあり、契約すると初月の月額費用が無料になります。

こちらのサイトから簡易シミュレーションできるので、ぜひ調べてみてください。

まとめ

アルコールチェック義務化により、管理者・運転者それぞれに業務が増えることは避けられません。しかし、適切に事業を続けるためには不可欠な取り組みです。罰則の有無に関わらず、業務上の酒気帯びによる事故は、従業員や事故被害者の命に関わり、会社としても社会的信用を大きく損ねます。

また、わざわざ滞りなく確認していても、アルコールチェッカーに不備があっては、元も子もありません。可能であれば精度の高いアルコールチェッカーを導入し、定期的なメンテナンス・日々の動作確認を心がけましょう。

当サイトでは、企業様向けに法人携帯もお取り扱いしております。端末料金0円のキャンペーンも実施しておりますので、気になる方は以下から詳細をご確認ください。

コメント