レンタカーでアルコールチェックは必要なのか?状況別に解説!

アルコールチェッカー

2022年4月から、一定台数以上の自動車を保有する事業所において、白ナンバー車両使用者のアルコールチェックが義務化されました。そこで、出張中に業務としてレンタカーを利用する場合においてどのように対応すればいいのか困惑する事業者が多いのも事実です。

本記事ではレンタカー利用でアルコールチェックが必要なケースや、レンタカー利用時のアルコールチェック方法と注意点をまとめました。レンタカー利用時にアルコールチェックをどうすればいいのか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

レンタカーがアルコールチェックの対象となるかは状況次第

レンタカーがアルコールチェックの対象となるかは、状況次第で変わります。以下の状況別に、どのような対応が必要か、確認していきましょう。

  • レンタカーを業務のために長期で借りる場合
  • 一時的にレンタカーを使用する場合
  • 直行直帰でレンタカーを使用する場合
  • 出張先でレンタカーを使用する場合
  • レンタカー業者の場合

レンタカーを業務のために長期で借りる場合

レンタカーを業務で使うために長期で借りている場合には、アルコールチェックが必要です。レンタカーだとしても、継続的に何度も業務で使用する場合は、事業所の管理する車両として見なされます。

一時的にレンタカーを使用する場合

突発的な業務で一時的にレンタカーを使う場合は、アルコールチェックは不要です。

とはいえ、酒気帯び運転は法令違反です。そのため、アルコールチェックをすることで運転者・管理者ともに安心できるのであれば、自発的に検査することをおすすめします。

直行直帰でレンタカーを使用する場合

長期で借りている場合と同じく、会社が業務での利用を目的として借りているレンタカーであれば、直行直帰でもアルコールチェックが必要です。アルコールチェックは原則対面で行わなければいけませんが、直行直帰のような対面での確認が難しい場合、電話やスマートフォンでのビデオ通話によるチェックが認められています。

直行直帰の場合のアルコールチェックに関しては、こちらの記事に詳しくまとめています。参考にしてください。

出張先でレンタカーを使用する場合

出張先で業務を目的にレンタカーを借りる場合にも、アルコールチェックが必要です。遠隔での確認となるので、直行直帰の場合と同じく、電話やビデオ通話による確認となります。

一方で、出張先で一時的にまたは私用でレンタカーを借りる場合は、アルコールチェックは必要ありません。

ただし、店舗によってはレンタルの際に、アルコールチェックを求められることもあります。お互いに安心したうえで車を貸し借りできるように、特別な理由がなければ協力しましょう。

ただし、店舗でアルコールチェックをしたからといって、事業所の安全運転管理者との確認が不要になる訳ではないので注意してください。

レンタカー業者の場合

レンタル用以外の社用車を5台以上所有している場合、社用車を運転する際にはアルコールチェックが必要です。

基本的に、事業所に白ナンバーの社用車を5台以上保管している場合、アルコールチェックの義務を負います。一方で、レンタカーとして貸し出す車両は、社用車の5台にはカウントしません。

つまり、貸し出す目的の車両が何台あろうと、実際に事業所で業務に使用する白ナンバーの社用車が5台未満であれば、アルコールチェックは必要ありません。

レンタカーを業務で使う際のアルコールチェックの方法

業務によりレンタカーを借りる際には、通常の社用車と同じ方法でアルコールチェックを行います。原則、安全運転管理者と対面により、始業・終業時の2回アルコールチェッカーを用いて確認しましょう。

出張時や直行直帰により対面での確認が困難な場合に備えて、レンタカーを借りる運転者には、携帯用のアルコールチェッカーを必ず持たせるようにします。急な非対面でのアルコールチェックに戸惑わないように、日頃からアルコールチェックの方法や手順を伝えておくことも重要です。

レンタカーを業務で使う際の注意点

レンタカーを社用車として業務で使用する際の、注意点をまとめました。

  • レンタカーの場合でもアルコールチェック義務を怠ると違反になる
  • アルコールチェック記録を正確に行う

レンタカーの場合でもアルコールチェック義務を怠ると違反になる

「レンタカーは社用車ではないのでアルコールチェックは不要」と判断し、確認を怠ると、安全運転管理者の業務違反になります。アルコールチェック怠慢に対する直接的な罰則はありませんが、公安委員会によって安全運転責任者を解任されたり、命令違反に対する罰則が科せられたりする可能性は捨てきれません。

また、アルコールチェックの怠慢で勤務者が飲酒運転を行った場合には、道路交通法の「酒気帯び運転等の違反行為」として運転者だけでなく、代表者・運転管理責任者にも3年以下の懲役、または50万円以下の罰金が発生する恐れもあります。

加えて、違反に使用された自動車は6か月以内の範囲で、使用禁止となることも考えられます。

アルコールチェック記録を正確に行う

アルコールチェックは記録・管理まで、セットで行わなければなりません。記録事項は、以下の8項目です。

  1. 確認者名
  2. 運転者
  3. 車両ナンバー
  4. 確認の日時
  5. 確認の方法(アルコール検知器の使用の有無、対面でない場合は具体的な方法)
  6. 酒気帯びの有無
  7. 指示事項
  8. その他必要な事項

以上の項目を都度確認し、記録は1年間の保管が義務付けられています。なおフォーマットは、手書き・電子データのどちらも認められています。

出張先や直行直帰ではスマホ連動型のアルコールチェッカーが便利

レンタカーは出張先や直行直帰で使われることが多いですが、遠隔の場合、運転者自身でアルコールチェックをしなければならず、各自1台ずつ検知器の携帯が必須です。そういった場合に便利なのが、スマホ連動型のアルコールチェッカーです。

スマホ連動型のアルコールチェッカーの主な利点には、以下のものが挙げられます。

  • 検知時にカメラ・動画撮影ができ、より対面に近い状態でチェックできる
  • 測定結果が即座に管理者に送られ、どこからでもデータで確認が可能
  • データはクラウドやシステム上に保存されるので、管理しやすい

本項ではスマホ連動型のおすすめアルコールチェッカーを3製品紹介します。アルコールチェッカーの導入を検討している事業者は、ぜひ参考にしてください。

あさレポ

あさレポはスマートフォンと連携し、酒気帯びと検温の確認ができる、アルコールチェッカーです。

主な機能は以下のとおりです。

  • AI顔認証によるなりすまし防止
  • GPSによる位置情報の取得
  • 専用クラウドに即時送信・一括管理ができる
  • iPad1台で拠点全員の管理が可能
  • Bluetooth対応でケーブルなしでスマートフォンと連携できる

また、過去にはアルコール検知器を介して、新型コロナウイルスのクラスターが発生した事業所もありました。あさレポは口をつけることなく息を吹き込むことでアルコールチェックができ、感染症予防対策にもつながります。

また異常値を検出した場合には、管理者に即座にメールで通知されることから、代わりの運転者の手配もスムーズです。

あさレポは初期登録費用が無料で、業界最安値クラスの価格で利用できます。アルコールチェック義務化に備えて、今なら20日間無料トライアルも実施中です。これからアルコールチェッカーを導入するなら、ぜひお試しください。

アルキラーPlus

アルキラーPlusも、スマートフォンと連携できるアルコールチェッカーとして、おすすめの商品です。

  • クラウド管理のしやすさ
  • コストパフォーマンスの高さ
  • メンテナンスサポートの充実

に定評があります。

特にサポートに関しては、以下の費用が0円です。

  • メンテナンス時の検知器の交換費用
  • 検知器センサー洗浄費用
  • 保証内での検知器の修理費用

アルキラーPlusは、7日間の無料トライアルがあります。気になる方はぜひお試しください。

ホワイト安全キーパー

ホワイト安全キーパーは、白ナンバー事業者向けのスマホ対応飲酒検査クラウド管理システムです。

  • 管理画面がシンプルで使いやすい
  • 免許証の有効期限切れも確認できる
  • 確認項目がカスタマイズでき、効率的に管理できる

ホワイト安全キーパーは14日間のトライアルがあり、契約すると初月の月額費用が無料になります。気になる方は、ぜひ試してみてください。

まとめ

状況によっては、レンタカー利用時にもアルコールチェックが必要なケースもあります。この記事で状況ごとにアルコールチェックが必要かどうかをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

ただし、レンタカーであろうと飲酒運転で事故を起こせば企業の信用を大きく下げることになりかねません。どのような状況であろうと、運転時には自主的にアルコールチェックを実施することをおすすめします。

当社は、法人携帯もお取り扱いしております。端末代金0円のキャンペーンも実施しておりますので、気になる方はぜひ以下からチェックしてください。

コメント