法人携帯のデータ移行方法がわからない、、ご紹介します!担当者必見!

ソリューション

機種変更や携帯電話会社を乗り換えた際、連絡先や写真などのデータ移行が必要です。

しかし、データ移行の方法がわからないという理由で、機種変更や乗り換えをためらってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

個人の携帯をショップで機種変更するときも、個人情報取り扱いの観点から、以前ほどはショップのスタッフが移行してくれなくなりました。

法人の場合も同じ悩みを持つ方がいらっしゃるのではないかと思います。

そこで今回は、携帯のデータ移行を自分でする方法をご紹介します。

いくつかの方法がありますので、自分でしやすい方法を選んでください。

クイックスタート

iPhoneからiPhoneに移行する場合、これまでは古い機種でiCloudにバックアップを取ってから新しい機種で復元する方法が一般的でした。

しかし、iOS 12.4以降であれば、「クイックスタート」という機能を利用することで、バックアップしなくても新しいiPhoneに写真やアプリなどのデータを移行できます。

事前の準備・確認事項

クイックスタートでデータ移行する前に準備することや確認しておくことがあります。

  • OSのバージョンを確認する

クイックスタートでデータ移行する場合、古い機種と新しい機種のどちらもiOS12.4以降でなくてはいけません。

古い機種をその都度アップデートしていれば問題ないでしょうが、念のためデータ移行をスタートする前に確認しておきましょう。

  • ストレージの容量を確認する

新しいiPhoneの容量が古い機種より小さい場合、データ移行できない可能性があります。古い機種のストレージ使用量を確認し、新しいiPhoneの容量より多い場合は、ストレージの使用量を減らすため、iCloudなどにバックアップしてから削除しておきましょう。

  • アプリのアカウントの引き継ぎ

自動で引き継がれるアプリもありますが、LINEのように引き継ぎが必要なアプリもあります。

たとえばLINEの場合は、最新のバージョンにアップデートし、電話番号、メールアドレス、パスワードなどの登録情報も確認してください。

AndroidからAndroid、iPhoneからiPhoneに機種変更する場合はトーク履歴を引き継げますので、トークのバックアップを取っておきましょう。

データ移行の手順

  1. 新しいiPhoneの電源を入れます。
  2. 古いiPhoneのBluetoothとWi-fiをONにして、新しいiPhoneの近くに置きます。
  3. 古いiPhoneにクイックスタートの画面が表示されますので「続ける」をタップします。
  4. 新しいiPhoneに青いアニメーションが表示されるので、古いiPhoneの枠内に入れて読み取ります。(カメラが使えない場合は「手動で認証」をタップして画面の案内に従って進めてください)。
  5. 新しいiPhoneでパスコードの入力が求められるので、古いiPhoneで使っていたパスコードを入力してください。
  6. 新しいiPhoneでFace IDやTouch IDを設定します。
  7. 新しいiPhoneにデータ転送の画面が表示されますので「iPhoneから転送」を選択します。

アプリから移行する

バックアップできるアプリや、データのコピーができるアプリを利用することでも、データ移行できます。

バックアップアプリを利用する

Android用のバックアップアプリがありますので、アプリを利用してデータを移行する方法もあります。

データバックアップアプリの「JS バックアップ」は、「連絡先」「通話履歴」「SMS」「MMS」「カレンダー」「ブックマーク」「システム設定」「ホームショートカット」「アラーム」「辞書」「ミュー ジックプレイリスト」「アプリ」やメディアデータの「画像」「音楽」「動画」「文書」のバックアップ、リカバリができます。

QRコードを生成してデータを新しいスマホへ移行できるので手間がかからず簡単です。

iPhoneへのデータ移行もできます。

AndroidからiPhoneに機種変更や乗り換えしたときは、Appleが提供するアプリ「Move to iOS」でデータ移行できます。

ケーブルなどを使わず手軽にデータ移行できますが、アプリやアプリ内データは引き継げません。

iPhoneの「App Store」でダウンロードするか、アプリごとにデータ引き継ぎを行う必要があります。

通信事業者のデータコピーアプリを利用する

機種変更の場合は、通信事業者がプリインストールしているアプリでもデータ移行が可能です。

ソフトバンクの「かんたんデータコピー」は、「電話帳」「写真」「動画」「音楽」「メール」「カレンダー」「発着信履歴」「SDカード」のデータをコピーできます。

ただし、コピー先の機種によっては、コピーできないデータもあります。

たとえばiPhoneにコピーする場合、「音楽」「S!メール/+メッセージ」「発着信履歴」およびSDカード内の音楽はコピーできません(写真・動画のみコピーできます)。

また、ドコモのアプリ「ドコモデータコピー」は、「電話帳」「スケジュール/メモ」「画像」「動画」「音楽」を移行できます。

ご利用の通信事業者が提供しているアプリなので、使い方がわからないときは質問できて安心感があるでしょう。

PCを利用する

iPhoneからiPhoneにPCを使ってデータ移行する場合は、iTunesを利用します。

手順は次の通りです。

  1. Microsoft StoreでPCにiTunesをインストールする
  2. 古いiPhoneとPCをUSBケーブルでつなぐ
  3. iTunesの左上に表示されるiPhoneのアイコンをクリック
  4. 「手動でバックアップ/復元」から「今すぐバックアップ」をクリックします。
  5. バックアップが完了したら古いiPhoneを外し、新しいiPhoneをPCに接続。
  6. 「バックアップを復元」をクリックしたら移行は完了です。

サーバーから移行する

サーバーから移行する方法も簡単です。

データ移行するときだけでなく、日頃からバックアップを取っておくと、いざというときにも安心です。

通信事業者のサーバーでバックアップを取る

通信事業者のサーバーを利用してバックアップを取り、新機種にデータを移行する方法もあります。

たとえばソフトバンクなら「安心バックアップ」を利用すると、スマホ本体の「電話帳」「ブックマーク」「カレンダー」「発着信履歴」「画像」「音楽」「動画」「メール」のそれぞれのデータをクラウドサーバーに保存できます(iPhoneは電話帳データのみ)。

サーバーのデータはスマホに戻せるので、機種変更するときのデータ移行に便利です。

ドコモの「ドコモクラウド」は、「ドコモ電話帳」「ドコモメール」「dフォト」「データ保管BOX」「スケジュール&メモ」をドコモサーバに保存できます。

また、auの「データお預かり」サービスは、Android端末なら「アドレス帳」「写真」「動画」「カレンダー」「auメール」「SNS」「+メッセージ」「パスワード情報」、iPhoneは「アドレス帳」「写真」「動画」「カレンダー」「パスワード情報」が対象です。

普段からサーバーに保存しておけば、データ移行のときだけでなく、スマホが故障したときなども安心でしょう。

サーバーにバックアップを取る方法は、それぞれの通信事業者の公式サイトなどでご確認ください。

 iPhoneはiCloudにバックアップを取る

また、iPhoneからiPhoneにデータ移行する場合は、iCloudでバックアップを作成しておくと簡単にデータを移行できます。

iCloudでバックアップを取り、移行する手順をご紹介します。

Wi-Fiをオンにしてからはじめてください。

  1. 設定画面でユーザー名をタップします。
  2. Apple IDの画面でiCloudをタップし、iCloudバックアップをタップします。
  3. バックアップの画面でiCloudバックアップをオンにし、「今すぐバックアップを作成」をタップします。
  4. 「バックアップを作成中」という表示が消え、バックアップを取った時刻が表示されたら完了です。
  5. 新しいiPhoneの電源を入れ、画面の案内に従って設定を進め、「Appとデータ」という画面が表示されたら「iCloudバックアップから復元」をタップします。
  6. バックアップデータを選択すると「iCloudから復元」画面が表示され、データが移行されます。

SDカードを利用する

個人でAndroidスマホを利用している人には、SDカードに写真を保存している人が多いのではないでしょうか。

iPhoneはSDカードが使えませんが、AndroidはSDカードを使って古いスマホから新しいスマホに連絡先のデータ移行することも可能です。

  1. 古いスマホにSDカードを差し込み、連絡先アプリの右上のメニューボタンを開き「インポート/エクスポート」を選びます。
  2. 「連絡先のインポート/エクスポート」という画面が開きますので、「SDカードにエクスポート」を選択します。
  3. 本体からSDカードに移したい連絡先を選べます。全ての連絡先を写す場合は「全て選択」を選ぶことで、一括して移行できます。
  4. 次は新しいスマホにSDカードを差し込み、連絡先アプリのメニューから「インポート/エクスポート」をタップします。
  5. 「SDカードへバックアップ/復元」から「復元」を選びます。
  6. 復元データの選択から「連絡先」を選びます。
  7. 「上書き」を選ぶと復元が始まります。

また、ソフトバンクなら「あんしんバックアップ」のアプリからデータの保存先にSDカードを選択することで、簡単にバックアップが取れます。

Android6.0以降であれば、「電話帳」「カレンダー」「発着信履歴」「画像」「音楽」「動画」の中からバックアップを取りたいものだけ選択してSDカードに保存できます。

新しいスマホには、データの読み込み(復元)から「SDカード」を選び、読み込みたいデータを選択してタップすればいいだけなので、簡単です。

まとめ

携帯のデータ移行方法をご紹介しました。

自分でできる移行方法は数多くありますが、方法や機種によって移行できるデータが異なります。

自分に合った移行方法で試してみてください。

アプリは個別に引き継ぎが必要なものもありますので、忘れないようにしておきましょう。
データ移行のほか法人携帯でお困りのことがあれば、お気軽に法人携帯スマホコムへお問い合わせください。
担当スタッフが親身にご対応いたします!

法人携帯スマホコムへのお問い合わせはこちら

コメント