法人契約の携帯料金っていくらかかるの?コスト削減以外のメリットもご紹介!

メリット

携帯の法人契約を検討している人は、法人契約をすることで「携帯料金をどのくらい抑えられるのか」は気になるところでしょう。

携帯電話を法人契約すると、法人限定プランで格安に運用ができるだけでなく、コスト削減以外のメリットも享受できます。

 

この記事では、法人で携帯電話を契約した場合の料金と、法人契約によってもたらされる料金以外のメリットを具体的に解説いたします。

現時点で法人の携帯電話が無い場合は、法人契約を検討してみてはいかがでしょうか。

もし、法人契約をしているとしても、契約内容を見直すだけでコスト削減ができるかもしれませんよ。

法人契約の携帯料金はどれくらい?

Business Consulting meeting working and brainstorming new business project finance investment concept.

業務上で使用するための携帯電話を従業員に支給している会社は少なくありません。

MM総研が2015年度に実施した調査によると、法人名義の携帯電話・スマートフォンを導入している企業は72.6%に上ります。

引用元:株式会社MM総研>法人ユーザーにおける携帯電話/スマートデバイスの導入配布状況・ニーズに関する調査(2015年度版)

これより最近のデータは確認できませんでしたが、おそらく今はテレワークの広がりも手伝って増加していることでしょう。

携帯電話を支給する人数が多ければ多いほど、当然のごとく経費も多くなります。
しかし、ビジネスに携帯電話やスマホは欠かせません。

1台当たりの費用をできるだけ抑えたいのは当然です。

携帯料金の月額は、 1 台当たり平均6,000円程度かかっています。

引用元:MMD研究所>月々の携帯料金の支払い、平均金額は大手3キャリアが8,312円、格安SIMは4,424円、MVNOは3,771円

ソフトバンクで案内する法人限定プランは、個人契約では紹介できない特別な割引が受けられます。

法人契約をすることで、シンプルに毎月のコストを削減することができます。

個人事業主の方も、”みなし法人”として法人契約が可能です!

法人携帯スマホコムのソフトバンク法人プラン

JASDAQ上場のINEST(株)が運営する法人携帯スマホコムでは、法人向けにソフトバンク携帯電話の販売を行っています。

PR TIMES>ソフトバンク法人携帯の「法人携帯スマホコム」を通じて累計導入台数500台突破のお知らせ

法人携帯スマホコムで案内する、ソフトバンクの法人限定プランの月額料金は2,480円(税抜)〜と大変お手頃です。
ちなみにこちらのプランの料金の内訳は、基本プラン(音声980円)とデータプラン1GB(1,500円)です。

また、通常であれば有料の通話定額オプションが、こちらの法人限定プランだと実質無料になります。

定額オプション+をつけない場合は割引特典が1,800円減額になる為、通話オプションはつけてもつけなくてもかかる料金は同じなんです。

データプランが1GBでは足りないという場合は5GBプランや、50GBの大容量プランもご用意していますので、 使用状況に合わせたプランをご案内いたします。

(税抜)

データ定額1GB

データ定額5GB

データ定額50GB

基本プラン

980円

定額オプション+

1,800円

データプラン

1,500円

5,000円

6,500円

割引特典

▲1,800円

▲4,300円

▲4,800円

合計

2,480円

3,480円

4,480円

お問い合わせやお見積もりは、法人様への案内に精通した専門スタッフが対応いたします。
WEB問い合わせは24 時間受け付けておりますので、時間を気にせずにお気軽にお問い合わせください。

法人携帯スマホコムへのお問い合わせはこちら

初期費用もチェックしよう

コスト削減のために法人携帯の導入を検討するときは、初期費用についてもチェックしておきましょう。
携帯電話の新規購入や他社乗り換えには事務手数料(3,000円※税抜)がかかりますし、端末購入をする場合は端末代金も発生します。

また、他社乗り換えの場合は、契約内容によって違約金が発生することがあります。
会社で導入する携帯電話の台数が多ければ、事務手数料だけでもかなりの経費増になります。

法人携帯スマホコムでは、事務手数料や解約違約金などの初期費用は0円なので、お申し込み時の負担を大幅に減らすことができます。

 

便利な法人向けオプションでセキュリティと業務効率アップ

ソフトバンクの「法人基本パック」をオプションでつけることで、セキュリティと業務効率アップが可能です。

法人基本パックとは、個人向けの「基本パック」の機能に、法人利用に特化した機能を追加したサービスです。

iPhoneかスマホかガラケーかで、使える機能が若干異なります。

スマホの場合は、15もの下記オプションサービスを一まとめにしたお得パックになっています。

15のオプションサービス
  • 安否確認
  • 共有電話帳
  • 電話帳配布
  • スマートフォン安心遠隔ロック
  • 一斉メッセージ配信
  • 位置ナビ一斉検索
  • 法人ケータイ紛失捜索サービス
  • 紛失ケータイ捜索サービス
  • 割り込み通話
  • グループ通話
  • 一定額ストップサービス
  • スマートセキュリティpowered by McAfee ®
  • 位置ナビ
  • 留守番電話プラス
  • 迷惑電話ブロック

法人基本パックには、管理者のパソコンから社員のスマホに業務連絡などを一斉送信できる「一斉メッセージ配信」や、社員や共通の取引先の電話帳リストを共有できる「共有電話帳」など業務効率アップできるサービスが含まれています。

また、端末の紛失や盗難時に位置情報を検索できる「法人ケータイ紛失捜索サービス」や、管理者が遠隔操作でパスコード設定やデータ消去などをおこなえる「スマートフォン安心遠隔ロック」などもあるので安心です。

セキュリティ強化はビジネスで使用するスマホに重要なことなので、法人基本パックのご利用をおすすめします。

法人基本パックの月額は475円(税抜/回線)でご利用いただけます。

 

料金だけじゃない、法人携帯を導入するメリット

Imaginative visual of business people and financial firms staff . Concept of human resources , enterprise resource planning ERP and digital technology .

法人携帯のメリットは、法人プランの料金が安くて通信コストを軽減できるだけではありません。


料金以外のメリットについて解説いたします。

 

セキュリティを強化できる

社員の私用のスマホや携帯を業務で使う最大のデメリットは、セキュリティの問題です。

顧客の個人情報や機密情報が入っているので、情報漏洩しないように十分な注意が必要ですが、個人では万全なセキュリティ設定が困難です。

法人契約であれば、ビジネスでの利用に最適なセキュリティを導入した状態で携帯電話を社員に配布できます。

先ほども触れましたが、ソフトバンクの法人基本パックには「安心遠隔ロック」のようにセキュリティを強化するサービスが含まれています。

慎重に扱っていても、スマホを置き忘れて紛失する可能性がないとは言えません。
スマホの紛失や盗難に遭ったとき、セキュリティを強化した法人携帯を利用していれば、もしもの時に迅速に対処できて安心です。

 

経理の業務負担を軽減できる

社員が私用携帯を業務に使う場合、通信費を会社が負担することが多いでしょう。
通信費の精算方法は会社の方針によって異なりますが、社員が個別に実費を精算する場合は経理担当者は手間がかかるでしょう。

仕事用として使った通話料のみを計算しなくてはならないのであれば、社員にとっても経理にとってもかなりの手間となります。

携帯を法人契約すれば料金は一括で請求される為、経理担当者の業務負担を軽減できます。

 

社員の個人情報とプライベートな時間を守れる

法人携帯を導入しなければ、個人の携帯番号を取引先や顧客などに教えなくてはなりません。
携帯番号は、ごく親しい人にしか教えたくないという人もいるはずです。

しかし、私用スマホを仕事で使っている場合は、多くの人に自分の携帯番号を教えることになります。

電話番号やメールアドレスは個人情報です。

法人携帯を導入することで、社員の個人情報を守ることに繋がります。

私用の携帯電話を使っていては、私用のLINEに取引先や顧客が出てきたり、最悪は休日にも関わらず連絡が来る場合があります。
せっかくの休日でも休んだ気がしない従業員もいるでしょう。

法人携帯を導入して社員に配布すれば、オンとオフを切り替えられます。
携帯電話の法人契約は、社員のプライベートな時間を守ることにつながります。

携帯電話を支給すれば、社員の満足度も上がることでしょう。

 

情報の共有ができる

法人携帯があると、共通の情報にアクセス可能です。

顧客情報などを共有できるため、出先からもチェックできて業務の効率がアップするでしょう。
また、全員のスケジュールも共有できるので、予定を知りたいときに一人ずつ聞いて確認する必要もありません。
打ち合わせの日程を決めたいときもスケジュールが一目でわかるため、効率よく日程調整ができます。

テレワークが進んだ昨今では、情報共有がされているかどうかは非常に重要です。

外出先から社内の誰かに連絡を取りたいとき、共有された日程を確認すればダイレクトに電話できます。

スピーディーに連絡がつきますので、業務効率がアップするでしょう。

 

便利なツールを業務に活用できる

携帯電話、特にスマホには業務効率をアップできる便利なツールが入っています。

たとえば外回りが多い人には、地図アプリが便利です。

地図アプリはナビを持ち歩いているようなものなので、現在地から目的地までの経路を案内してくれます。
取引先を訪問する際は遅刻厳禁ですが、地図アプリは所要時間も確認できてかなり便利です。

スマホにはオフィスアプリもありますので、外出時の資料作成も可能です。
移動中等、時間を有効に活用できるため、残業を減らすことにもつながるかもしれません。

この他にもビジネスシーンで活用できるさまざまなツールがありますので、これまでガラケーを使っていた場合はかなり便利になるでしょう。

【参考記事】法人携帯におすすめの業務効率化ツールとアプリ6選!担当者必見!

 

法人携帯を導入するときの注意点

法人携帯を導入する場合、事前に準備が必要です。
従業員が正しく使うためにも、次のような点に注意しておきましょう。

ルールを決めておく

法人携帯は会社が契約して従業員に貸与するもので、法人の所有物です。

何もルールを決めずに貸与すれば、私物化して自由に使われたり、トラブル発生時に迅速な対応ができなかったりする可能性があります。
法人携帯の導入時には、具体的なルールを決めておきましょう。

たとえば次のようなルールを決めておくことをおすすめします。

  •  盗難や紛失時の対処方法
  •  インストール可能なアプリを制限する
  •  利用可能なネットワーク(公衆Wi-Fi は使わないなど)
  •  私用で使わない

 

会社で管理する

法人携帯は、誰がどの携帯を使うか、会社でしっかりと管理しておきましょう。

1台を複数の人が使うことにすると、一人一人の責任感が薄れてしまいます。
その結果、管理がずさんになって破損や紛失の原因にもなります。
複数で使用している携帯から情報漏洩した場合、原因を追求することが困難です。
このようなリスクがあることから、法人携帯は複数で使わずに同じ人が使うようにしましょう。

使用者に責任を持って取り扱ってもらうためにも、会社でしっかり管理しましょう。

紛失した際の対処方法を明確にしておく

携帯は外出先で使うことが多いため、うっかりどこかに置き忘れてしまうことがあるかもしれません。
カバンごと盗難する可能性もあるでしょう。

紛失に備えて、段から携帯にはパスワードロックなどをかけておくことを周知しておきましょう。

また万が一があったときの為、紛失の際は“どの部署の誰に”“どのような手順で”報告するかをあらかじめ決めておくといいでしょう。

ソフトバンクの場合は、「安心遠隔ロック」を使うことで、管理者が遠隔操作にてパスワードロックやデータ消去をおこなえます。

携帯の中には顧客の個人情報や、会社の機密情報が入っています。

紛失した場合は情報漏洩のリスクがあるため、早急な対処が必要です。

故障時の対処方法も決めておく

スマホは落としやすいため、ディスプレイが破損しやすいです。
故障して使用できなくなれば、業務に支障をきたしてしまいます。

故障時には速やかに対応できるような対処方法を決めておく必要があるでしょう。

紛失した際と同じルールでいいと思いますが、“誰に”“どのように”報告するかを決めておきましょう。

また、できるだけ破損しないように衝撃耐性が強いスマホを選んだり、保護フィルムやケースでガードするなどの工夫も必要です。

法人契約したスマホの管理方法についてご紹介!利用規約の作成も必要!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

法人携帯の導入で、一番に気になることかは料金でしょう。
ご紹介したように、法人限定プランは月々の負担が少なく、コスト削減が可能です。

どの機種にするかでお悩みだったり、詳しい料金相談はお気軽にお問い合わせください。

社員のスマホを業務で使う会社も少なくありませんが、通信費を自己負担させているケースもあります。
個人のスマホではセキュリティの管理が行き届かず、情報漏洩のリスクがあることも忘れてはなりません。

このように通信費のコスト削減だけでなく、社員の自己負担やセキュリティ・プライバシーなどの問題を解決できるのが法人携帯です。

法人携帯をご検討いただいている方、料金や機種、使い方等で気になることがある方、ぜひお気軽に法人携帯スマホコムにお問い合わせください。

法人携帯スマホコムへのお問い合わせはこちら

コメント