ビジネスに役立つ!タブレットを法人契約したときの料金やおすすめ機種

おすすめ

タブレットを本格的に導入している企業が増えています。

タブレットはノートパソコンに比べると薄型で軽量なうえに起動も早いため、持ち運びにも非常に便利です。

スマートフォンも便利ですが、資料などを見るときは画面が大きなタブレットの方が見やすいため導入を検討している方も多いのではないでしょうか。

ビジネスに役立つ!タブレットを法人契約したときの料金やおすすめ機種

最近はタブレットで使えるキーボードやマウスなど周辺機器も充実してきて、ますます便利になってきました。

この記事では、タブレットの法人契約を検討している方のために、料金やおすすめ機種などをご紹介します。

タブレットを使うメリット

パソコンがあるのでタブレットはいらないのではないかと思う方もいるかもしれません。確かにタブレットでできることはパソコンでできますが、使ってみると便利で手放せなくなってしまうでしょう。

タブレットには、次のようなメリットがあります。

軽量で持ち運びしやすい

タブレットの重量はサイズによって異なりますが、概ね500600g前後です。

タブレットにはキーボードがないため、ノートパソコンに比べてかなり軽量で持ち運びが負担になりません。

資料を作成することが多い場合はオプションのキーボードを使用すると便利ですが、それを含めてもノートパソコンより軽量です。

鞄の中に入れても持ち運びしやすいため、通勤時や営業活動時の負担を軽減できるでしょう。

コンパクトでどこでも使いやすい

タブレットはコンパクトなので、顧客に資料や動画を見せる際も場所を取りません。

スマホの画面より大きいため見やすいですが、ノートパソコンよりコンパクトなので、テーブルが狭くても使いやすいというメリットがあります。

印刷コストを削減できる

紙カタログを電子化することで、商談時にはタブレットの電子カタログを見せながら商品の説明ができます。

このことによって、印刷コストを軽減できるというメリットがあります。

営業マンは重い紙カタログを持ち運ばなくてよくなるため、荷物が減って身軽に営業活動できるでしょう。

また、タブレットに必要な資料が全て入っているため、資料を会社に忘れて商談できないということもなくなります。

タブレットを導入すれば、電子カタログ以外にも、会議で使用するレジュメなどをペーパーレスにすることが可能です。

タブレットの活用方法

ノートパソコンより軽量でコンパクト、スマホより画面が大きく見やすいタブレット。

ここでは、タブレットを法人契約して活用するメリットについてご紹介します。

商談の際の商品紹介などに使う

タブレットは、商談の補助としてプレゼンに使うなどの活用方法があります。

紙カタログの代わりにタブレットで商品紹介の動画を見せると、魅力がより伝わりやすくなるでしょう。

タブレットを持ち歩けば、資料をその場で修正することも可能です。

ハンディプリンターがあれば、その場で見積書などをプリントすることもできます。

社内に戻らなくても書類の作成や修正が可能なので、商談がスムーズに進むでしょう。

外出先での時間を有効活用する

タブレットがあれば、外出先でメール応対や営業報告などが可能です。

ノートパソコンの場合は移動時間を活用して電車の中で使おうとしても、できる業務は限られています。

スマホはメール対応くらいであればできますが、画面が小さいため資料の作成などには不向きです。

外出時にタブレットを携帯していれば、移動時間を有効活用することができます。

ムダな時間を減らすことで業務効率が上がり、残業を減らすこともできるでしょう。

タブレットの法人契約料金

ビジネスシーンやテレワークなどで役立つタブレット。

スマートフォンより大画面なので資料を見るときなどに役立ちますが、料金がいくらくらいか気になっている方も多いのではないでしょうか。

法人携帯スマホコムからお申し込みいただけるSoftBankのタブレット法人プランは、月々2,480円(税別)~のお得なプランです。

本プランはデータ容量1GBのプランになりますので、Wi-Fi環境が整備された社内で主に使用する場合におすすめのプランです。

もし毎月ご利用のデータ量が1GBを超えた場合は、請求月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsに低速化しますが、追加データを購入することで、速度制限されずにご利用いただけます。

商談など外出先で使うことが多い場合は、大容量プランをおすすめします。

ビジネスにかなり役立つタブレットもスマホと同じく月々2,480円~のリーズナブルなプランをご案内できますので、ぜひ導入をご検討ください。

法人携帯スマホコムへのお問い合わせはこちら

タブレットを選ぶときのポイント

タブレットにもさまざまなタイプがありますので、法人用タブレットを選ぶときのポイントについてご紹介します。

サイズを選ぶ

タブレットのサイズは713インチと幅広いため、使用する目的に合ったサイズを選びましょう。

78インチのコンパクトなタブレットは持ち運びに邪魔にならず、価格も安い傾向です。

一般的なサイズは10インチ前後で画面が大きいため、文字や動画が見やすいです。

11インチ以上はキーボードやマウスと接続してノートパソコン代わりにも使えます。

ストレージ容量を確認

タブレットの本体に保存できるデータ量に関わるのがストレージ容量です。

アプリをたくさんインストールしたり、高画質な写真や動画を多数保存したりする場合は、ストレージ容量が大きいタイプを選びましょう。

容量不足になることが心配な場合は、あとから容量を追加できるタイプを選ぶと安心です。

CPUやメモリ

動作の速度に影響するCPUやメモリも確認しておきましょう。

タブレットでOfficeソフトを使ったり、複数のアプリを同時に使って作業したりする場合はCPU性能が高くメモリ容量が大きいモデルを選びましょう。

人におすすめの機種

法人におすすめのタブレットをご紹介します。

特徴や価格を考慮して、使用目的に合う使いやすいタイプを選びましょう。

iPad

AppleiPadは、7.9インチのiPad miniから12.9インチiPad Proまでサイズも機種も豊富です。

直感的に操作できるため、タブレットに慣れていない人でも簡単に使えるでしょう。

アプリも豊富で独自のクラウドサービス「iCloud」も使えるというメリットがありますが、Androidに比べると価格は高めです。

iPad ProiPad Airは臨場感あふれるLiquid Retinaディスプレイのオールスクリーンなので、資料や動画でプレゼンする際のビジネスツールとして大いに役立つでしょう。

Android

さまざまなメーカーから発売されていて、価格はiPadより安価です。

コストを重視するならAndroidのタブレットの方が導入しやすいでしょう。

拡張性が高くて軽量タイプや防水機能があるものなど、さまざまなバリエーションから選べるのが魅力です。

iPadは防水機能がないため、屋外で使うことがある場合は防水・防塵に優れたAndroidのタブレットがおすすめです。

Lenovo TAB5」は、最新のOSAndroid™ 9」を採用した快適で使いやすいタブレットです。

IPX3の生活防水、IP5Xの防塵設計なので、急な雨でも安心の生活防水設計です。

屋外で使う可能性がある人や、濡れた手で使うことがある人も安心して使えるでしょう。

顔認証で手軽にログインできることも魅力です。

MediaPad M3 Lite s」は、8.0インチのコンパクトなタイプなので、持ち運びに便利です。

プリインストールされている「連携しよう」を使えば、スマホで見ていたWebサイトをタブレットでも見ることが可能です。

また「Microsoft® Office for Android tablet」がプリインストールされているため、Office365のライセンス契約をすればタブレットでPowerPointWordでの資料作成もできます。

その他にもスマホへの着信やメール受信を通知する機能などがあり、コンパクトでありながらビジネスに役立つ頼もしいタブレットです。

まとめ

業務用のタブレットは商談や会議で役立ち、ペーパーレス化も推進できます。

営業マンがタブレットを持ち歩けば、外出先での移動時間や待ち時間を有効活用できて業務効率アップにつながるでしょう。

法人携帯スマホコムよりタブレットをお申し込みいただけば、月々2,480円(税別)~のお得なプランをご案内できます。

業務用タブレットの導入をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

法人携帯スマホコムへのお問い合わせはこちら

コメント