法人携帯はテレワークにもおすすめ!必要な理由やセキュリティ管理の注意点

管理方法

さまざまな企業でテレワークの導入が進んでいます。

通勤のために満員電車に乗らなくていいことなど、働く人にとってメリットもありますが、自宅やコワーキングスペースなどで仕事をするにあたり、不便に感じることもあるでしょう。

テレワークで快適に働くためには、環境整備が必要です。

その1つとして注目を集めているのが法人携帯の導入です。

この記事では、テレワークに法人携帯の導入をおすすめする理由について解説いたします。

テレワークで法人携帯が必要な理由

テレワークの導入をきっかけに、法人携帯を検討する企業が増えています。

まずは法人携帯の契約をおすすめする理由についてご説明いたします。

社員間で連絡を取るため

これまでは同僚や上司などに用事があるときは、対面や内線で話すことができました。

しかし、テレワークが導入されると社員間で連絡を取るときに携帯が必要です。

自分の携帯電話や自宅の固定電話を使用すると、電話代がかかってしまいます。

メールやチャットツールで連絡を取り合うこともできますが、混み合った内容を短文にまとめるのは難しいかもしれません。

文面だけでは誤解が生じる可能性もあるため、電話で話した方が早くて確実です。

法人携帯を導入すれば、通信費を自己負担することもありませんので、安心して連絡を取り合えます。

さらにかけ放題がついたプランであれば、通話時間が長くなっても通信費が高くなることはありません。

気軽に連絡が取れるため、仕事の効率が上がるでしょう。

社員のプライバシーを守るため

法人携帯を導入していなければ、在宅勤務で取引先に連絡するとき、個人の携帯を使うことになります。

これまで会社の固定電話を使って電話していた人は、自分のプライベートな携帯番号を知られることに抵抗がある人もいるでしょう。

法人携帯を導入すれば、テレワークで社外の人と通話するときも、プライバシーの問題を気にしなくてすみます。

もちろん通話料金を自己負担する心配もありませんので、安心して仕事に集中できるでしょう。

ビデオ会議がしやすい

スマホを法人契約すれば、ビデオ会議もしやすくなります。

スマホにはマイクもカメラもついているので、ビデオ会議のために用意する必要もありません。

顔を見ながら複数人でビデオ会議することになったとき、法人スマホがあれば何も用意せずにすぐはじめられます。

稼働管理がしやすい

テレワークが導入されると、勤怠管理をどうすればいいかと悩む方もいらっしゃるでしょう。

スマホがあれば、簡単に勤怠管理ができるシステムやアプリがあります。

これらを上手に活用することで、誰もが楽にタイムレコーダー代わりとして使えるでしょう。

いちいち電話で報告しなくてもすみますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

テレワークにはタブレットもおすすめ

コンパクトで軽量なタブレットを導入する企業も増えています。

タブレットは薄型で、重さは500〜600g程度です。

ノートパソコンに比べると持ち運びにも便利です。

最近はタブレットに使えるキーボードやマウスなどの周辺機器も充実しているため、ノートパソコンの代わりにもなり、ますます便利になってきました。

会社でデスクトップ型のパソコンを使っている場合は、テレワークにタブレットを導入すると便利でしょう。

テレワークはセキュリティ管理にも注意

「自宅は家族がいるので仕事に集中できない」「たまには気分転換したい」などの理由で、自宅以外の場所で仕事をする人もいるでしょう。

たとえばカフェやコワーキングスペースなどを利用すると、自宅よりも仕事がはかどる人もいます。

しかし、カフェやコワーキングスペースのような不特定多数の第三者がいる場所でテレワークするとセキュリティ面でのリスクもあるため、対策を強化しておく必要があります。

紛失による情報漏洩に注意

テレワークでカフェなどを利用した際にUSBメモリや紙媒体を紛失して、情報漏洩の原因になることがあります。

紛失だけでなく、盗難の可能性もありますので、持ち出す場合は十分な注意が必要です。

文書の電子化を進めてペーパーレス化を推進することで、紙媒体の持ち出しをなくし、紛失や盗難を予防できるでしょう。

覗き見による情報漏洩の対策

カフェやコワーキングスペースで作業すると、パソコンの画面を覗き見される可能性があります。

覗き見を防ぐためには、覗き見防止フィルターを貼るなどの対策が効果的です。

また、ノートパソコンには必ずパスワードをかけ、お手洗いなどで席を外すときは必ずロックしておきましょう。

長い時間テーブルに放置しておくのはリスクが高いので厳禁です。

電話をするときは盗み聞き対策を

コワーキングスペースなどは、電話可能なブースもありますので、商談などで電話することがあるかもしれません。

しかし、誰が聞いているかわからないため、大事な話は避けておいた方が無難です。

社内の人と通話するときも、重要な話をするのは避けておきましょう。

公衆Wi-Fiを利用しない

公共施設や交通機関、カフェなどの店内では、Wi-Fi環境を無料で提供する公衆Wi-Fiサービスがあります。

中には会員登録が必要なものもありますが、ネットワークの一覧から選択し、ログイン画面で「インターネットに接続」を押すだけで簡単に利用できるものもあります。

しかし、暗号化キーを入力せずに利用できる公衆Wi-Fiは、通信内容が傍受されてしまう危険性があるので注意が必要です。

また、「なりすましアクセスポイント」は、本物と同じ名前のSSIDをつけていれば、偽物だと見分けるのは困難です。

もし気づかずに接続すれば、重要な情報を盗まれたり、マルウェアをインストールさせられたりする危険性があります。

トラブル防止のためにも、法人携帯や会社のパソコンを使うときは公衆Wi-Fiに接続しないように徹底しておきましょう。

【参考記事】法人携帯におすすめの業務効率化ツールとアプリ6選!担当者必見!

SoftBank法人プランのご案内

法人携帯スマホコムからお申し込みいただけるSoftBank 法人プランは、月々2,480円(税込2,728円)〜のお得なプランです。

通常は月々2,480円(税込2,728円)〜ですが、法人携帯スマホコムでお申し込みいただければ、更にお得なプランのご案内が可能です。

また、通常であれば有料の通話定額プランも、法人携帯スマホコムからお申し込みいただければ、無料でつけることができます。

月々2,480円(税込2,728円)〜のプランはデータ容量1GB のプランですが、社外でネットを利用する機会が多い場合は大容量プランもございます。

利用状況をお伺いして最適なプランをご案内いたしますので、ぜひご相談ください。

また、テレワークで大活躍するタブレットも同じく月々2,480円(税込2,780円)〜のプランがあります。

話題のタブレットもお得に利用できますので、ぜひお問い合わせください。

まとめ

社員の携帯を業務に使用すると、セキュリティの問題など、さまざまなデメリットがあります。

テレワークの導入によって、これまで以上に携帯の必要性が増えると考えられるため、携帯やタブレットの法人契約をおすすめします。

法人携帯を導入することによって、業務に使う携帯を会社で管理することが可能です。

アプリのインストールを制限したり、紛失時に管理用のパソコンから遠隔操作でロックしたりできるため、個人の携帯よりも安全に利用できるでしょう。

法人携帯スマホコムでご案内できるソフトバンクの法人限定プランは、24時間通話し放題がついていますので、テレワークにも使いやすいプランです。

初期費用0円で面倒な契約手続きも当社が代行いたします。

法人携帯をご検討の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

法人携帯スマホコムホームページ

コメント