企業が支払う携帯料金を法人携帯の契約で大幅減少!通信費削減をしましょう!

料金

毎月の携帯料金が高いとお悩みではありませんか?

携帯料金は、法人携帯にすることで大幅な節約が可能です。

この記事では、企業が携帯料金を安くする方法についてお伝えいたします。

現在、毎月支払っている金額より大幅に節約できる可能性がありますので、ぜひ最後までご覧ください。

企業が携帯料金を安くする方法

企業の営業活動に携帯は必要不可欠ですが、経費節減のために携帯代を安くしたいとお考えの方も少なくないでしょう。

企業が支払う携帯料金を安くするには、いくつかの方法があります。

携帯を法人契約する

社員が個人で所有する携帯を業務に使用すれば、会社から端末を貸与しなくてすみます。

社員に業務用の端末を用意する場合、社員数によっては端末代が高額になります。

個人の携帯を業務に使用することは、節約につながるように思えるでしょう。

しかし、業務で使用した通話料などは、社員の負担にならないように企業が負担する必要があります。

毎月一定額を携帯手当てとして負担している企業も多いでしょう。

携帯を法人契約すれば、個人では利用できない法人向けのプランを契約できます。

月額料金が安いうえに通話し放題がついたビジネス向けのプランを選べば、企業が支払う携帯料金を大幅減少させることも可能です。

【参考記事】ソフトバンクを法人契約する場合のプラン内容と申し込み方法についてご紹介!

通話料が定額になるオプションをつける

顧客や取引先との通話が多い社員の場合、従量制では通話料がかなり高くなるでしょう。

「1回5分以内の国内通話が無料」「24時間国内通話が無料」などの通話料が定額になるオプションをつけることによって携帯料金を節約できます。

また、法人向けのプランによっては、最初から24時間国内通話し放題が含まれているものもあります。

この場合、オプション料金が必要ありませんので、通信料をかなり節約できるでしょう。

プランを選ぶときは、かけ放題がついているか確認しておきましょう。

【参考記事】法人携帯は「かけ放題」がついていると安心!メリットと注意点について

法人携帯を乗り換える

すでに法人携帯を導入している企業の場合、他社に乗り換えることで毎月の携帯料金を節約できる可能性があります。

乗り換える際にプランを見直すことで、今より低料金のプランが見つかれば、通信費の大幅なカットが可能です。

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用することで、乗り換えても現在の携帯番号はそのまま使えます。

携帯番号をお伝えしている取引先や顧客にはまったく影響がありませんので、安心して乗り換えできるでしょう。

【参考記事】番号そのままで固定費を安くできる!法人携帯への乗り換えについて!

代理店で契約する

法人携帯を導入する場合、ショップで契約する方法と代理店で契約する方法があります。

携帯料金を安くするためには、代理店で契約するのがおすすめです。

なぜなら代理店では、ショップで取り扱っていない代理店限定のおトクな法人プランをご案内できるからです。

また、代理店ではお客様のご要望をヒアリングしたうえで、最適なプランを提案してくれるため、今よりおトクなプランが見つかる可能性大です。

キャリアショップで契約する場合、企業の担当者の方がショップを訪れて契約することになります。

訪問する手間がかかり、待ち時間も必要になるかもしれません。
しかし代理店で契約すれば、契約の際は担当者が会社まで訪問してくれるため、時間をムダにすることはありません。

このように代理店で契約すると、携帯料金を節約できるだけでなく、契約の際の負担も減らせます。

【参考記事】法人携帯を代理店契約するメリットとは?キャリアショップとの違いを解説!

代理店、法人携帯スマホコムへのお問い合わせはこちら

法人携帯を選ぶポイント

法人携帯を導入して通信費を節約するなら、次のポイントに注目して選びましょう。

月額料金が安い

携帯の月額料金は、使う頻度に関係なく毎月必要です。

法人携帯を選ぶときは、月額料金をチェックしましょう。

通常、月額料金が安いプランはデータ容量が少ないものが大半です。

業務上、通話だけでなくデータ通信を使うこともあれば、「データ容量1GBでは心細い…」という方も少なくないでしょう。

しかし、1GBでも次のようなことができます。

  • 地図アプリ…1日あたり約47回

営業担当者にとって、手放せないのが地図アプリではないでしょうか。

行き先のルート検索ができるうえに、ストリートビューでは目的地の画像を見ることも可能です。

1回の利用が10分ということで計算すれば、1GBで利用できるのは約1,432回なので、1日あたり約47回利用可能ということになります。

  • LINEトーク機能…1日あたり約17,300回

LINEトーク機能は1回の文字数を500文字で換算すると、1ヶ月に1GBで利用できるのは約52万回です。

1日あたり約17,300回のやりとりが可能という計算になります。

社内のコミュニケーションにLINEを使う企業もあるでしょうが、1GBあれば十分なやりとりができるでしょう。

このように、ビジネス効率をアップする機能を利用しても、1GBあればかなり利用できます。

また、オフィスにWi-Fi環境が整っていれば、会社の中で使う分にはデータ通信量を消費しません。

1ヶ月の通話料やデータ通信量を確認し、ムダのないプランであるか見直すことで、月額料金を節約できます。

通話し放題がついている

個人向けの契約の場合、24時間国内通話し放題や、5分以内の国内通話は有料オプションというケースが大半です。

法人向けの契約でも個人向けと同じように有料オプションの場合がありますが、中には月額料金の中に含まれているプランもあります。

月額料金が格安なのに通話し放題がついていれば、かなりおトクです。

お客様との電話が長引いても、電話代を気にする必要はありません。

また、社員同士で連絡を取り合う際も、通話料を気にせず気軽に携帯を利用できます。

通話し放題がついていることで、通信料を節約できるだけでなく、業務の効率アップにもつながるでしょう。

法人携帯スマホコムのSoftBank法人限定プランがおすすめな理由

企業が支払う携帯料金を大幅に減少させるなら、法人携帯スマホコムの「SoftBank法人限定プラン」がおすすめです。

おすすめな理由を3つ挙げていきます。

1.24時間通話し放題

SoftBankの法人限定プランには、24時間通話し放題がついています。

他社(国内)の携帯電話や、固定電話でもかけ放題なので、通話料を気にしなくてすみます。

「5分以内」などの制限もありませんので、通話が長引いても心配いりません。

かけ放題がついていることで、社内でも内線感覚で話したい相手に電話できるため、業務効率もアップするでしょう。

【参考記事】法人携帯は「かけ放題」がついていると安心!メリットと注意点について

2.月額料金が安い

SoftBankの法人限定プランは、データ容量が1GBで月額2,480円(税込2,728円)〜です。

24時間かけ放題がついているのに月額料金が2,000円台という手頃な料金が人気の理由です。

先ほども少し触れましたように、データ通信量が1GBでも地図アプリやLINEトークはかなり使えるので安心してください。

業務上の通話が多い方でも、携帯料金はしっかり抑えることができます。

【参考記事】ソフトバンクを法人契約する場合のプラン内容と申し込み方法についてご紹介!

3. 契約手続きを代行

法人携帯スマホコムからお申し込みいただけば、スタッフが貴社にお伺いして最適なプランをご案内いたします。

契約の手続きは専門スタッフが代行いたしますので、手間を省いてご契約いただけます。

新規導入・機種変更・乗り換えのいずれも簡単手続きで済みますので、忙しい担当者様も安心です。

まとめ

携帯はビジネスに必要不可欠なものですが、毎月の費用が高くてお困りの企業も少なくないでしょう。

法人携帯を導入することで、毎月の携帯代を大幅に減少させることも可能です。

現在、社員の私用携帯を業務で使用している企業や、月額基本料が高いプランを契約している企業は、法人携帯の導入や乗り換えを検討してはいかがでしょうか。

法人携帯スマホコムにお問い合わせいただけば、最短即日のスピード見積もりに対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

法人携帯スマホコムへのご相談はこちら

コメント