自社にピッタリの運行管理システムが見つかる!製品7種類を徹底比較

おすすめ

事故によるリスクを軽減する目的で運行管理システムを導入している企業が多いです。

しかし、運行管理システムは数多くの種類があり、どのような製品が自社に適しているのかわからないという担当者もいるのではないでしょうか。

自社に最適の運行管理システムを導入するためには、料金やサービスなど、複数の項目をそれぞれの製品で比較することが重要です。

今回は、おすすめの運行管理システムを7種類ご紹介しますので、製品を比較したいという方はぜひ参考にしてください。

運行管理システムのメリットとは?

はじめに運行管理システムのメリットについて確認しておきましょう。

具体的なメリットは下記の3点です。

 

  • 運行管理のデジタル化
  • 酒気帯び確認が可能
  • 従業員の運転改善を図れる

 

それぞれの内容について詳しく解説します。

運行管理をデジタル化できる

1つ目のメリットは、運行管理のデジタル化を図れる点です。

運行管理システムは、パソコンやスマホ、タブレットから管理できるため、ペーパレス化を実現できます。

また、デジタルデータで情報を扱うことができるため、工数の大幅な削減を期待することができるでしょう。

現代社会はDXが推進されており、マーケットで競争力を維持するためには、企業にとって必要不可欠な取り組みです。

運行管理システムを導入することはDX推進にもつながるため、メリットが多いといえるでしょう。

酒気帯び確認が可能

2つ目のメリットは、酒気帯び運転の確認ができるという点です。

運行管理システムによっても異なりますが、アルコールチェックに対応している製品もあります。

昔に比べて現在は酒気帯び運転の取り締まりが強化されており、罰則も厳しくなりました。

出勤前夜に多くのアルコールを摂取すると酒気帯び運転になる可能性もあります。

社員の酒気帯び運転は会社の管理体制が問われるため、知らないでは済まされない問題です。

運行管理システムを導入すれば、酒気帯び運転の確認まで可能になるため、企業は管理体制を強化することができるでしょう。

従業員の運転改善を期待できる

3つ目のメリットは従業員の運転改善を期待できるという点です。

運行管理システムの中には、運転状況を管理者が確認できる機能や運転改善ポイントを可視化してくれる機能が搭載されている製品もあります。

このような機能を活用することで、交通ルール厳守状況の確認や道路交通違反傾向を自動集計して可視化することもできるため、非常に便利です。

徹底比較!おすすめの運行管理システムおすすめ7選

早速、おすすめの運行管理システムを7種類ご紹介します。

料金やサービス内容、導入形態などを比較して解説しますので、ぜひ製品選びの参考にしてください。

運行管理システムの中で1番おすすめ!『AI-Contact』

料金 初期費用:0円

月額:1,280円(アプリ1台あたり)

サービス内容 l  運行管理

l  動態管理

l  車両管理

l  アルコールチェック記録管理

おすすめポイント l  運行管理のデジタル化を推進

l  アルコールチェックの記録・管理が可能

l  車載器の購入・設置が不要

l  使い方が簡単

l  スマホ同時乗り換えでトータルコスト削減

l  サポートも万全

導入形態 クラウド
導入事例 l  AISIN

l  東京海上ディーアール株式会社

l  ダイハツ

企業名 ジェネクスト株式会社

 

AI-Contactの特徴

AI-Contactは、アルコールチェックに対応した運行管理システムです。

数ある運行管理システムの中でもっとも費用が安く、機能も豊富で企業が抱える多くの課題を解決することができます。

特に、AI-Contactは下記のような企業におすすめです。

 

  • これからはじめて運行管理システムを導入する企業
  • 現在使用している製品よりもコストを抑えたい
  • 従業員に安全運転を徹底させたい
  • 運行管理システムのデータをもとに安全運転の指導を行いたい
  • すべてのスマホに運行管理システムを導入したい
  • 同時にスマホを乗り換えてトータルコストを削減したい

 

AI-Contactは導入及び運用費用が安く、企業はコストを抑えることができます。

また、自社で使用するスマホを同時乗り換えすることでさらに費用を安くすることが可能です。

事業規模に関わらず、中小企業から大企業まで使用している運行管理システムになるため、低価格かつ機能が充実した製品を選択したいという方におすすめできます。

”低価格で導入したい””この機会にスマホも乗り換えたい”という方は、下記から法人携帯スマホコムにお問い合わせください。

 

法人携帯スマホコムへお問い合わせはこちら

 

docoですcar

docoですcar公式サイト

料金 【GPS端末】

お買い上げの場合:3,400円〜(月額)/台

レンタルの場合:6,200 円(月額)〜/台

 

【スマートフォン】

標準プラン:月額1,800円/台

 

【点呼サービス】

対面点呼:3,000円/ID

サービス内容 l  動態管理

l  安全運転支援等

おすすめポイント l  専門性と総合性を両立

l  幅広い業種に対応

l  導入実績が豊富

導入形態 クラウド
導入事例 l  有限会社けんぽく

l  ヨシダ急送株式会社

l  協和警備保障株式会社様

企業名 ドコモ・システムズ株式会社

 

docoですcarの特徴

docoですcarは、ドコモ・システムズが提供する運行管理システムです。

動態管理や安全運転支援などのサービスを取り扱っています。

高度な専門性と総合性を両立したシステムで約10万台以上の実績が大きな特徴です。

Cariot

Cariot公式サイト

料金 契約台数とアカウントに応じた月額費用
サービス内容 l  運送管理

l  アルコールチェック

おすすめポイント l  管理業務の効率化

l  ペーパレス化の促進

l  運用が簡単

導入形態 クラウド
導入事例 l  UCCコーヒープロフェッショナル株式会社

l  株式会社ゼロ

l  極東開発工業株式会社

企業名 株式会社フレクト

 

Cariotの特徴

Cariotは、物流や営業、訪問サービスなどで活用することができるクラウド型の運行管理システムです。

情報をクラウドで一元管理することができるため、ペーパーレス化などを推進することができます。

また、リアルタイムで位置情報を取得することができるため、従業員と管理者の意思疎通を図りやすいです。

Cariotは、複数の料金パッケージが提供されており、契約台数やアカウントに応じてランニングコストがかかります。

KITARO

料金 記載なし
サービス内容 l  アダプタ

l  デジタコ

l  ドラレコ等

おすすめポイント l  位置情報・走行距離の可視化

l  日報の作成が簡単

l  安全評価とエコドライブ評価を搭載

導入形態 クラウド
導入事例 l  株式会社シマ商会

l  株式会社桂川精螺製作所

l  株式会社大和保険事務所

企業名 株式会社アクシス

 

KITAROの特徴

KITAROは、株式会社アクシスが提供する運行管理システムです。

普通自動車だけでなく、トラックやバイクなどさまざまな車両に機器を搭載することができます。

生産性の向上や安全性の確保、収益性の向上などさまざまな利点を獲得することが可能。

予算に余裕があり、それぞれの社用車に1台ずつ機器を搭載できる運行管理システムを導入したいという企業におすすめです。

SmartDrive Fleet

料金 要お問い合わせ
サービス内容 l  走行履歴

l  安全運転診断

l  位置情報を取得

おすすめポイント l  高精度な機能を搭載

l  圧倒的に使いやすい

l  安心のサポート体制

導入形態 クラウド
導入事例 l  日本ライフライン株式会社

l  株式会社リウボウホールディングス

l  株式会社メモリード

企業名 株式会社スマートドライブ

 

SmartDrive Fleetの特徴

SmartDrive Fleetは、クラウド型の運行管理システムです。

現場の問題解決に役立つ機能が集中的に搭載されている点が特徴になります。

また、操作性が高く、デバイスが選べる点もメリットです。

しかし、料金はHPに掲載がなく、具体的な金額を知るためにはお問い合わせが必要になります。

Vehicle Manager

料金 初期費用:35,000円/台

月額費用:1,500円

サービス内容 l  運行管理
おすすめポイント l  車載器の設置時間が短い

l  セキュアな通信環境

l  累計コストが安価

導入形態 クラウド
導入事例 記載なし
企業名 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

 

Vehicle Managerの特徴

Vehicle Managerは、商用車の運行管理を手軽に、そしてセキュアを実現してくれる運行管理システムです。

報告書の作成にかかる時間を減らし、アラートメールにより事故を減らせることが特徴になります。

料金は、初期費用と月額費用がかかります。

また、車載器や車載器用延長ケーブル、ドライブレコーダーなど搭載するそれぞれの機器に費用がかかるので注意しましょう。

ロジこんぱすLite

ロジこんぱすLite公式サイト

料金 要お問い合わせ
サービス内容 l  ルートの見える化

l  位置管理

l  安全運転管理

l  レポート出力

おすすめポイント l  シガーソケットタイプのクラウドサービス

l  初期費用が安いレンタルプランあり

導入形態 クラウド
導入事例 記載なし
企業名 株式会社システック

 

ロジこんぱすLiteの特徴

ロジこんぱすLiteは、シガーソケットに接続することで運行管理ができるシステムです。

シガーソケットタイプとOBDIIタイプの2種類があります。

ロジこんぱすLiteはルートの見える化や安全運転管理、位置管理など数多くの機能が搭載されているシステムです。

レンタルプランは初期費用も抑えられるため、多くの企業が導入しやすいでしょう。

コストを抑えて導入したいならAI-Contactが1番おすすめ!

ここまで運行管理システムをご紹介しましたが、その中でも1番おすすめなのがAI-Contactです。

他社のシステムと比較してもその魅了は非常に多いことがわかります。

 

AI-Contact 他社の運行管理システム
料金 初期費用:0円

月額コスト:非常に安い

初期費用:数千円〜

月額コスト:要お問い合わせ

車載器の設置 不要 必要
導入実績 中小〜大企業まで 中小〜大企業まで
機能 運行管理/動態管理/車両管理/日報作成 運行管理/動態管理/車両管理/日報作成
アルコールチェック電子記録

 

また、AI-Contactだけでなく、自社のスマホを乗り換えることでさらにトータルコストを抑えることができます。

現在、法人用スマホのコストに頭を抱えている方は、AI-Contactを導入するタイミングで法人携帯スマホコムが提供する法人携帯に乗り換えるのがおすすめです。

興味がある方は下記のページからお気軽にお問い合わせください。

 

法人携帯スマホコムへお問い合わせはこちら

 

まとめ

今回は、おすすめの運行管理システムを7つご紹介しました。

それぞれの製品で特徴が異なりますので、見比べて自社に合ったものを選択するようにしましょう。

特に、費用の安さにこだわりたい、運行管理システム導入をきっかけにスマホを乗り換えたいという方は、『AI-Contact』がおすすめです。

法人携帯スマホコムでは、格安のプランを提供しているため、運行管理システムと同時に乗り換えるとトータルコストを大幅に下げることができます。

実際にメリットを感じる方は、この機会にぜひ乗り換えをご検討ください。

コメント