スマホを法人契約する6つのメリットとは?法人契約の流れについてもご紹介!

メリット

スマートフォンの普及率は年々アップし、ビジネスでもスマホを導入する企業が急増しています。

スマホは従来の携帯電話(ガラケー)よりも機能、拡張性に優れているため、通話以外の機能もビジネスに活かすことが出来ます。
スマホを導入すれば多機能な面やアプリケーションでの拡張性等、仕事の効率アップにつながるでしょう。

 

 

 

 

テレワークを導入する企業が増えましたが、個人携帯を業務利用(BYOD)している企業も少なくないでしょう。
個人携帯の使用は従業員の負担につながります。そのためスマホの法人契約の需要が高まってきました。

 

スマホの法人契約には費用面だけでなくセキュリティ面、作業効率の面等、さまざまなメリットがあります。

この記事ではスマホを法人契約するときのメリットや、スマホを法人で契約する際に流れなどについて解説いたします。
スマホの法人契約を検討している企業の方は、ぜひ参考にしてください。

 

スマホの法人契約とは

スマホの法人契約とはスマホを法人名義で申し込み、一括管理することです。

ビジネスの利用シーンに合わせたお得な料金プランで利用できたり、効率的かつセキュリティ面で安心できるサービスを利用できます。

 

 

スマホを法人契約する6つのメリット

取引先や社内での連絡手段として、スマホや携帯電話は欠かせません。
まずはスマホを法人契約するメリットについて確認していきましょう。

 

 

 

メリット1. 通信コストの削減

スマホの法人契約は、個人契約に比べて割安料金で契約できるというメリットがあります。
たとえば法人携帯スマホコムで案内している法人限定プランであれば、電話し放題がついたプランで月々2,480円(税別)〜です。

 

データは1GBのプランですが、基本的に外出が少なく、会社ではWi-Fi環境が整っているのであれば、こちらのプランで問題ないでしょう。

もちろん、5GBや50GBといったデータプランでのお申し込みも可能です!

個人契約では選べない、特別オトクな料金で利用できますので、通信コストを削減できます。

下記よりお気軽にお問い合わせください。


法人携帯スマホコムへのお問い合わせはこちら

 

メリット2. セキュリティを強化し情報漏洩のリスク軽減

ビジネスで使用するスマホには、顧客情報などの機密情報が入っています。
そのため情報漏洩につながらないよう、管理には十分な注意が必要です。

 

しかしスマホを法人化せず、個人のスマホをプライベートとビジネス兼用にすると情報漏洩のリスクが高まります。

従業員が会社の許可なくチャットアプリなどを使用し、業務に使うケースが増えたからです。
従業員にとって使い慣れたアプリなどは仕事の効率アップにつながるでしょうが、個人情報や企業情報が漏洩するリスクがあります。

 

また万が一、社員がスマホを紛失してしまうケースも考えられます。

どこかに置き忘れたり、落としたりしたスマホを拾われたら情報が漏れるかもしれません。
ビジネスで使用するスマホは、個人用よりもさらにセキュリティを強化しておく必要があります。

 

各キャリアでは、セキュリティを強化するためのオプションサービスを提供しています。
従業員に安心してスマホを貸与するためにも、オプションサービスを利用してスマホのセキュリティを徹底的に強化しましょう。

 

 

 

メリット3. 経理作業を簡易化できる

社員それぞれが、個人のスマホを業務上で使用している会社も少なくありません。

個人のスマホでも、業務上で使用した通話料は経費計上が可能です。
しかし、1ヶ月の通話料の中で、仕事で使ったものがどれくらいか把握するのは大変手間がかかることでしょう。

 

また経理担当者にとってはスマホの使用料が個別に請求されるため、処理に大変な手間がかかります。
従業員数が多い企業であれば、スマホの台数も多いため、経理担当者がスマホ代の精算に費やす時間も膨大になり、確認作業の中でミスも起こりやすくなるでしょう。

 

スマホを法人契約すれば、明細が一括請求されるので、経理担当者の手間が大幅に削減されます。

 

メリット4.情報共有できる

法人契約のスマホは、端末同士で共通の情報にアクセスできるというメリットがあります。

顧客の情報やスケジュールなどを出先からチェックすることも可能なので、認識の齟齬やスケジューリングなどもたやすく行えるようになるでしょう。

共通のスケジュールの使用などで、会社内の情報共有を行いやすくすることで仕事のしやすさがアップするでしょう。

 

メリット5.便利なツールを使えて仕事の効率アップ

スマホには便利なツールが多数ありますので、業務に役立てられます。たとえばコミュニケーションツールを使えば、メールよりもスピーディーにチャットや通話、ファイルの共有などが可能です。

また、外回りが多い人は、地図アプリを使って出先への経路を調べたり、交通機関の乗り換え案内を利用したりして、電車の時間や到着時間などを確認できます。

スマホはコンパクトなのに便利な機能が入っているため、法人契約して従業員に持たせることで、仕事をよりスムーズに進めることができるでしょう。

 

メリット6. 従業員のプライバシーを守れる

個人の携帯をビジネス用としても使用すると、取引先や顧客に自分の携帯番号を教えなくてはいけなくなってしまいます。
プライベートな連絡先を教えることにはリスクがあります。

 

また顧客にとっては会社のスマホなのか、個人のスマホなのかわかりません。
自分の携帯番号を教えることで、顧客から休日に電話がかかってくる可能性もあります。

 

電話がかかると対応せざるを得なくなり、オンとオフの区別がつきにくくなってしまうでしょう。
せっかくの休日も休んだ気がしないということになりかねません。

 

プライベートな電話番号は、誰にでも教えて良いというものではありません。
スマホを法人契約すれば、従業員のプライバシーを守れるというメリットがあります。

 

スマホを法人契約する6つのメリットまとめ
1.通信コストの削減
2.セキュリティを強化し情報漏洩のリスク軽減
3.経理作業を簡易化
4.情報共有できる
5.便利ツールを使えて仕事の効率アップ
6.従業員のプライバシーを守れる
 

 

スマホを導入するときに確認しておきたいこと

スマホを法人契約することで、業務の効率アップが期待できるでしょう。
また顧客の個人情報や、自社資料などのセキュリティ強化を図れます。

 

しかし、従業員に法人スマホを配布する前にやっておくべきことがあります。
法人スマホによるトラブルを防ぐため、導入前には法人契約をしたスマホの利用ルールや万が一トラブルが発生した場合のマニュアル等決めておく必要があります。

 

 

法人スマホ利用時の利用規約を決める

法人契約したスマホは、業務のみに使うものです。

従業員が私用で使うことを防ぐため、使用できるアプリの制限や私的なWeb閲覧を禁止する必要があります。
私的な利用を防ぐための利用規約をあらかじめ決めておきましょう。

 

 

トラブル発生時の対処方法(マニュアル)を共有しておく

従業員に会社のスマホを配布すると、紛失などのトラブルが発生する可能性もあります。
そのため対処方法としてマニュアルを作成しておく必要があります。

 

 

トラブル発生時は、どのような流れで対処するかをマニュアルをみて全員が把握しておきましょう。
情報漏洩等のリスクがあるため、紛失やトラブルには急いで対処する必要があります。 緊急時はどこに連絡すればいいか、どの部署が遠隔操作でスマホを使えなくするか、しっかりとトラブル発生時のマニュアルを決めて全員で共有するようにしましょう。

 

 

端末を共有しない

複数の人が1台の端末を使用すると、情報が漏洩したときの原因究明が難しいというリスクがあります。
法人スマホは使用者が責任を持って管理するためにも、端末を共有しないようにしておきましょう。社員のだれがどの端末、番号を使用しているのかをしっかり管理しましょう。

 

 

 

 

 

法人携帯スマホコムの4つの特長

法人携帯スマホコムは、法人用のスマホや携帯をご検討の方にお得な料金プランをご案内する法人専用サイトです。

法人携帯スマホコムには、主に次の4つの特長があります。
スマホの法人契約を考えている方は、法人携帯スマホコムをぜひご検討ください。

 

 

 

特徴1.初期費用0円

事務手数料や解約金などは法人携帯スマホコムで負担いたしますので、初期費用のお客様負担は0円です。

 

通常の携帯ショップなどは初期費用が発生するところが多いため、1度にまとまった台数を契約する場合、初期費用の負担額も結構かかってきます。

ですが法人携帯スマホコムでのお申込みの場合初期費用は0円で導入することが出来ます!

 

特徴2.月々のご利用料金が安い

法人携帯スマホコムがご案内するSoftBankの法人プランは、スマホなら月々2,480円(税別)〜です。

こちらは基本プラン(音声)とデータプラン(スマホ)1GBの料金です。 別途機種代金が必要ですが、月々のご利用料金を抑えてお得に利用できます。

しかも通常は2,480円~ですが法人携帯スマホコムでお申込みを頂ければさらにお得なプランをご案内できますので、料金のご相談だけでもしてみてください。

特徴3.適切なプランをご提案

法人スマホの契約を検討している方の中には、プランやデータ容量を決めるのが難しいと感じている方も少なくないでしょう。

法人携帯スマホコムではお客様のご利用状況をヒアリングして分析し、最適なプランをご案内します。
ガラケープランや大容量プランもご用意していますので、ぜひご相談ください。

 

 

特徴4.ショップへの来店は不要

WEBでお見積もり後は担当者が貴社へご訪問し、詳細のご案内や法人契約のお手続きをいたします。ショップに来店していただく必要はありませんので、できるだけ手間なくお申し込みしていただけます。

 

法人携帯スマホコムで法人契約する流れ

法人携帯スマホコムはSoftBankの取扱店であり、「SoftBank法人プラン」をお得にご契約できます。
法人携帯スマホコムでは、次のような流れで契約していただけます。

1.公式サイトから60秒で簡単お問い合わせ
・60秒間のかんたん入力で、お問い合わせ・お見積もりをしてください。
・24時間受付していますので、夜間や早朝でもお問い合わせ可能です。
2.スタッフからお電話で料金プランやキャンペーン情報等ご案内
・料金がいくらくらいになるか、併用できるキャンペーンの有無など、気になることは気軽にお問い合わせいただけます。
3.スタッフが貴社にお伺いして最適なプランでご契約
・料金やサービスなどの詳細をご確認いただき、ご納得いただければお申込みいただきます。
4.端末の納品、回線の切り替えで法人スマホを利用スタート!

・納品の際に端末と一緒に利用手順のご案内を同封しておりますので、ご確認をお願いいたします。(新規契約の場合、回線のお切り替えは不要です)
設定がすみましたら、すぐにご利用いただけます。
5.ご利用開始
 
 

法人オプションの利用で業務効率アップ

セキュリティ強化のため、法人向けのオプションを利用するとさらに安心です。

SoftBankの「スマートフォン法人基本パック」は、個人向けの「スマートフォン基本パック」の機能に加え、法人利用に特化した機能を追加している安心のサービスです。

1回線あたり月額475円(税別)でスマホを安全に業務利用できるサービスや、業務スピード向上のサービス、企業のセキュリティ向上のサービスを利用できます。

具体的には、スマートフォン法人基本パックにお申し込みいただくことで、次のサービスをご利用いただけます。

スマートフォン法人基本パック
  • 安否確認
  • 共有電話帳
  • 電話帳配布
  • スマートフォン安心遠隔ロック
  • 紛失ケータイ捜索サービス
  • 一斉メッセージ配信
  • 位置ナビ一斉検索

ただし、サービスによっては対応機種のみ利用が可能です。

 

まとめ

個人携帯を業務利用(BYOD)されている企業の場合、スマホを法人契約するか、それとも個人のスマホをそのまま業務で利用するかについては悩むところでしょう。

スマホの法人契約は、法人向けのお得なプランを利用できますが、最初に端末代金が必要です。
しかしセキュリティの面や経理の簡易化を考えると、法人化することにはかなりのメリットがあります。

 

もし個人のスマホに入っている顧客情報が漏洩すれば、会社の信用問題に関わります。
そのようなリスクを考えると、スマホの法人化を急いで検討した方がよいのではないでしょうか。

 

法人携帯スマホコムでの契約時は、初期費用は0円に抑えさせて頂きます。
月々のご利用料金は安くてお得なので、毎月の負担を抑えてご利用いただけます。

 

スマホの法人化をお考えの方は、最適な料金プランをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

法人携帯スマホコムへのお問い合わせはこちら

 

コメント