スマホを法人契約する際の必要書類と、手続きの流れについてご紹介!

契約
Close-up view of professional business people exchanging the idea about the project together with tablet

従業員が個人のスマホを業務用として使うとセキュリティの問題などさまざまな問題があるため、スマホの法人契約を検討している会社も多いのではないでしょうか。

実際にスマホを法人契約するときは、必要な書類がいくつかあります。
個人で契約するときとは必要書類が異なり、法人契約のみ必要な書類もあります。

準備不足にならないように、確認しておきましょう。
この記事では、スマホを法人契約する際に必要な書類を詳しく解説いたします。

また、スマホの法人契約の流れについてもご紹介します。
法人スマホをご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

スマホを法人契約する際の必要書類を確認!

法人でスマホを契約するのに必要な書類関係や契約の進め方などを見ていきましょう。

法人契約に必要な書類

スマホの法人契約には、一般的に次の書類が必要です。
スムーズに手続きができるよう、契約手続きをする前に準備しておきましょう。

契約法人の確認書類

契約法人の確認書類として、下記いずれかが必要です。
・登記簿謄(抄)本
・現在(履歴)事項証明書
・印鑑登録証明書
いずれの書類も発行から3ヶ月以内の原本をご用意ください。

申込担当者の本人確認書類

スマホを法人契約する際は、申込担当者の本人確認書類も必要です。
担当者の方は、次のいずれかの書類を用意しておいてください。
  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 健康保険証+住民票記載事項証明証・公共料金領収書・官公庁発行の印刷物のいずれか
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者保険福祉手帳
  • 在留カード+パスポート、特別永住者証明書
健康保険証や在留カードは、単独で本人確認書類になりません。

健康保険証を本人確認書類にする場合は、住所確認書類として住民票記載事項証明証や公共料金領収書、または官公庁発行の印刷物のいずれかを一緒に添えてください。

在留カードを本人確認書類にする場合には、パスポートか特別永住者証明書を一緒に用意してください。
マイナンバーの通知カードは本人確認書類として受付できませんので、ご注意ください。

申込担当者の在籍確認書類

申込担当者の在籍を確認する書類が必要です。
社員証、名刺か、健康保険証(※勤務先の記載が必要)のいずれかをご用意ください。

その他必要なもの

法人印と金融機関お届け印が必要です。
口座振替のための金融機関・支店名、口座番号と口座名義がわかるものもご用意ください。

他社からのりかえの場合

個人のスマホと同じように、法人スマホも携帯電話番号ポータビリティ(MNP)サービスをご利用いただけます。

携帯電話会社が変わっても電話番号が変わらないので、取引先や顧客に新しい電話番号を連絡する必要がありません。

他社からのりかえる場合は、次の書類を準備してください。

必要な書類

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)転入の際には、MNP予約番号」や「前の携帯電話会社の請求書」をご用意いただくと契約がスムーズにおこなえます。

MNP予約番号とは、現在契約している携帯電話会社のMNP予約受付窓口に申し込みをすると発行してもらえます。

MNP予約番号の有効期限は、予約当日を含め15日間なのでご注意ください。

転入先の携帯電話会社がMNP予約番号を照会した上で旧契約会社との契約を解除し、のりかえ手続きが完了します。

事務手数料

新規契約ものりかえ(NMP)も、事務手数料が3,000円必要です。
事務手数料は、ご利用料金に合算して請求されます。

法人携帯スマホコムからお申し込みいただくと、事務手数料や他社解約金は負担いたします。
お客様は初期費用0円でご契約いただけますので、導入コストを抑えることが可能です。

個人での契約とは違って法人は一度に多数の回線を契約することも多いため、初期費用がかからなければかなり経費を節減できます。

法人スマホの契約の流れ

スマホを法人契約するには、携帯電話会社のショップで申し込みする方法と、代理店で申し込む方法があります。

ここでは法人携帯スマホコムでのソフトバンク契約の流れをご紹介します。

1.法人携帯スマホコムのサイトからお問い合わせ・お見積り

法人携帯スマホコムのサイトでは、お問い合わせやお見積もりを24時間受付中です。料金がどのくらいになるかなど、気になることはお気軽にお問い合わせください。

2.お電話で料金などのご案内

お申込み後に法人携帯スマホコムからお電話にて料金プランなどのご説明をいたします。ご不明な点があれば、お尋ねください。

3.訪問にて詳細のご確認、契約書類のご対応

弊社スタッフが貴社を訪問し、ご利用状況をお聞きした上で最適なプランをご案内いたします。
料金やサービスなど詳細をご確認いただき、ご納得いただければお申し込みください。

4.端末を納品、回線のお切り替え

端末を納品いたします。
他社からのりかえの場合は、回線を切り替えさせていただきます。
端末と一緒に利用手順のご案内を同封しておりますので、ご確認ください。

5.ご利用開始

設定が済みましたら、すぐにご利用いただけます。

法人携帯スマホコムを利用する4つのメリット

法人携帯スマホコムは、スマホの法人契約をご検討中の方に、お得な料金プランをご案内する法人専用サイトです。
法人携帯スマホコムからお申し込みいただくことで、次の4つのメリットがあります。

1.初期費用0円

スマホの事務手数料は、通常3,000円必要です。
法人携帯スマホコムからお申し込みいただけば、事務手数料や解約による違約金を当方で負担いたします。

1度にまとまった台数のスマホをお申し込みいただくと、初期費用だけでかなりの経費がかかります。
法人携帯スマホコムをご利用いただけば、導入時の経費をかなり節約できてお得です。

2.月々のご利用料金が安くてお得

法人携帯スマホコムがご案内するSoftBankの法人プランは、スマホなら基本プラン(音声)とデータプラン(1GB)で月々2,480円(税抜)~です。

別途機種代金は必要になりますが、月々のご利用料金を安く抑えてお得にご利用いただけます。

3.お客様のご利用状況に合ったプランをご提案

スマホの法人契約をする際、プラン選びに悩む方もいらっしゃるでしょう。
法人携帯スマホコムでは、お客様の利用情報をお聞きしてムダのない最適なプランをご案内いたします。

月々2,480円(税抜)のプランはデータ通信料が1GBのプランですが、大容量プランもございます。
ビジネスの現場で根強い人気のガラケープランもご案内できますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ショップへの来店は不要

法人携帯スマホコムのサイトでお見積もり後は、担当者が貴社へお伺いして詳細をご案内いたします。
契約内容にご納得いただけたら、法人契約のお手続きをいたします。

契約のためショップに来店していただく必要はありません。
手間をできるだけかけずにお申し込みしていただけます。

【参考記事】法人携帯を代理店契約するメリットとは?キャリアショップとの違いを解説!

まとめ

スマホを法人契約する際は、発行から3ヶ月以内の登記簿謄(抄)本などの書類が必要になる点が個人で契約する際と大きく異なります。

契約法人の確認書類だけでなく、申込担当者の本人確認書類や在籍確認書類なども必要になりますので、合わせてご準備ください。

携帯ショップなどでスマホを法人契約する際は、1台につき事務手数料が3,000円必要になります。

しかし法人携帯スマホコムよりお申し込みいただいた場合は事務手数料を負担いたしますので、端末費用以外の初期費用は0円です。
月額費用だけでなく、初期費用を抑えて法人スマホを導入していただけます。

また、法人携帯スマホコムよりお申し込みいただけば、担当者がお伺いいたします。

詳細をご案内した後にご契約いただけますので、必要書類を持って来店していただく必要はありません。

お手続きの手間を少しでも省いてご契約いただけますので、法人スマホをご検討中の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

法人携帯スマホコムへのお問い合わせはこちら

コメント